十勝毎日新聞 電子版

Tokachi Mainichi News Web

看護師の仕事を体験 帯高看で小中学生対象に初開催

人形に聴診器を当てる参加者(17日午前11時50分ごろ、金野和彦撮影)

 帯広高等看護学院(大瀧雅文学院長)で17日、「小学校高学年・中学生向け学院見学会」が開かれ、看護師を夢見る児童や生徒36人と保護者28人が参加した。

 小中学生対象としては初開催。看護師のなり手不足が懸念されるため、子どもたちが看護・医療系の職業にさらに関心を持ち、自分の将来を考えてもらおうと企画した。

 卒業を控える同学院3年生38人が対応。校舎内を飾り付けて迎えた。看護師の仕事を説明した後、赤ちゃんの世話と妊婦の診療、心臓マッサージやユニホーム試着など八つのブースに分かれて体験を行った。

 フィジカルアセスメント体験のブースでは、さまざまな体調を再現できる人形の体温や血中酸素濃度を測ったり、聴診器を肺や腹に当てたりして音を聴いた。病院で接した看護師に憧れ、将来の職業に考えている帯広北栄小6年の伊藤星(あかり)さん(12)は「肺からはヒューヒュー、おなかはポコポコという音がした。看護師の仕事を知れて、なりたい気持ちが大きくなった」と話していた。(北村里沙)

関連写真

  • ダミー人形に聴診器を当て、医療体験をする参加者(17日、午前11時50分ごろ、金野和彦撮影)

    ダミー人形に聴診器を当て、医療体験をする参加者(17日、午前11時50分ごろ、金野和彦撮影)

  • ダミー人形に聴診器を当て、医療体験をする参加者(17日、午前11時50分ごろ、金野和彦撮影)

    ダミー人形に聴診器を当て、医療体験をする参加者(17日、午前11時50分ごろ、金野和彦撮影)

  • ダミー人形を使って、医療体験を参加者(17日、午前11時50分ごろ、金野和彦撮影)

    ダミー人形を使って、医療体験を参加者(17日、午前11時50分ごろ、金野和彦撮影)

  • 赤ちゃんの抱き方や授乳体験をする子ども(17日、午前11時40分ごろ、金野和彦撮影)

    赤ちゃんの抱き方や授乳体験をする子ども(17日、午前11時40分ごろ、金野和彦撮影)

  • 車いすを体験する子ども(17日、午前11時15分ごろ、金野和彦撮影)

    車いすを体験する子ども(17日、午前11時15分ごろ、金野和彦撮影)

  • 赤ちゃんの抱き方や授乳体験をする子ども(17日、午前11時ごろ、金野和彦撮影)

    赤ちゃんの抱き方や授乳体験をする子ども(17日、午前11時ごろ、金野和彦撮影)

  • 保護者の血圧を測る体験をする子ども(17日、午前11時ごろ、金野和彦撮影)

    保護者の血圧を測る体験をする子ども(17日、午前11時ごろ、金野和彦撮影)

更新情報

「産前産後ケア事業」活用を 妊娠期から子育て期まで支援 池田

紙面イメージ

紙面イメージ

6.20(木)の紙面

ダウンロード一括(71MB) WEBビューア新機能・操作性UP

日別記事一覧

前の月 2024年6月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

十勝の市町村

Facebookページ

記事アクセスランキング

  • 昨日
  • 週間
  • 月間

十勝毎日新聞電子版HOME