十勝毎日新聞 電子版

Tokachi Mainichi News Web

コロナ禍の実習減、逆境に負けない看護学生 資格取得へ猛勉強

コロナ禍で病院実習が制約され続けた看護学生の3年生。ケーススタディーに懸命に取り組む(11月27日、帯広高等看護学院)

 看護学生が、医療の現場で学んだ具体的事例などを分析・検討して、今後に生かしていく「ケーススタディー(事例研究)」。病院実習で行った自身の看護を振り返り、クラスメートの実習発表に触れることで、さらに看護観を深める。ここ数年はコロナ禍で、病院実習自体に大きな影響が出る中でも、学生たちは懸命に取り組んでいる。(松岡秀宜)



 帯広高等看護学院(大瀧雅文学院長)では11月27~28日、3年生40人によるケーススタディー発表会(看護実践と研究)が行われた。今年4~6月、帯広市内の医療機関で行った病院実習を検証した内容で、成人看護学、老年看護学、精神看護学などの科目に基づき、各生徒が論文を作成した。

 生徒たちは、事例にとどまらず、患者に対する倫理的配慮、テーマに関連した看護診断とアセスメント、看護目標、看護計画に基づく具体的な援助と結果、考察など、それぞれの観点で発表した。

 そこには、「(患者が)自分らしく生活をできるよう、一緒に心地良い環境を整えることが、生きる希望や全人的苦痛の緩和につながったのでは」「(患者の)一日の生活を踏まえて関わる大切さと、ニーズを捉える大切さを改めて知った」など、病と闘う患者に寄り添わないと、得られない言葉が多く並んでいた。

 同校に限らず、今年度の3年生は、1~2年生時には病院実習自体ができなかったり、少ない時間に限られたりと、「コロナの影響をまともに受けた学年」(同校)。最終学年ながらも、ほぼ初めての病院実習となるケースも多かったという。

 3年生は来春の国家試験に合格すると、医療現場では一看護師として従事する。このため、実習先やケーススタディーでは、求められるスキルも高くなり、「コロナ前後で、変わるものではない」(同)状況だ。

 一つの事例を取り上げて自身の看護技術向上につなげる一方、患者と接することで得た「気づき」を、今後の臨床現場で生かすための検討と研究は、コロナ前後に問わず、病院実習から得るものが多いという。

 十勝管内でも、患者・家族や医療機関らの協力を得ながら、看護学生が「学び」を共有している。

更新情報

ハンドシグナルなど実践で学ぶ、6人制バレーボール審判講習会 帯広協会

紙面イメージ

紙面イメージ

4.13(土)の紙面

ダウンロード一括(81MB) WEBビューア新機能・操作性UP

日別記事一覧

前の月 2024年4月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

十勝の市町村

Facebookページ

記事アクセスランキング

  • 昨日
  • 週間
  • 月間

十勝毎日新聞電子版HOME