十勝毎日新聞 電子版

Tokachi Mainichi News Web

十勝トップ切りサホロスキー場が今季オープン 新得

ゲレンデで久しぶりに雪の感触を楽しむスキーヤー(3日午前10時20分ごろ)

 【新得】新得町の十勝サホロリゾートスキー場は3日、管内のトップを切り今季の営業を始めた。リフト1基が稼働し、待ちわびたスキーヤーやスノーボーダーが久しぶりの雪の感触を楽しんだ。

 オープンしたのは、全11コースのうち全長670メートルの「ノース・ストリート」の1コース。冷え込みが厳しくなった11月29日から24時間態勢で人工降雪機を稼働させ、積雪は平均で90センチとなった。今季は昨季よりも5日早いオープン。同スキー場支配人の斎藤和則さん(57)は「クリスマスごろには山頂からコースをオープンさせたい」と話す。

 この日は天候も良くて大勢の人が訪れ、さっそうとゲレンデにシュプールを描いていた。芽室から友人2人と訪れスノーボードを滑っていた石田寛人さん(芽室高1年)は「今シーズンの初滑りで、楽しい」と話し、何度も滑り降りていた。リフトの運行は午前9時~午後3時半。問い合わせは同スキー場(0156・64・4121)へ。(平田幸嗣)

関連写真

  • サホロスキー場が今季オープン 新得 2

    サホロスキー場が今季オープン 新得 2

  • サホロスキー場が今季オープン 新得 3

    サホロスキー場が今季オープン 新得 3

  • 久しぶりの滑りを楽しむ来場者

    久しぶりの滑りを楽しむ来場者

  • 3日にオープンしたサホロリゾートスキー場(3日午前10時10分ごろ)

    3日にオープンしたサホロリゾートスキー場(3日午前10時10分ごろ)

  • ゲレンデで久しぶりに雪の感触を楽しむスキーヤー(3日午前10時10分ごろ)

    ゲレンデで久しぶりに雪の感触を楽しむスキーヤー(3日午前10時10分ごろ)

  • ゲレンデで久しぶりに雪の感触を楽しむスキーヤー(3日午前10時20分ごろ)

    ゲレンデで久しぶりに雪の感触を楽しむスキーヤー(3日午前10時20分ごろ)

更新情報

ハンドシグナルなど実践で学ぶ、6人制バレーボール審判講習会 帯広協会

紙面イメージ

紙面イメージ

4.13(土)の紙面

ダウンロード一括(81MB) WEBビューア新機能・操作性UP

日別記事一覧

前の月 2024年4月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

十勝の市町村

Facebookページ

記事アクセスランキング

  • 昨日
  • 週間
  • 月間

十勝毎日新聞電子版HOME