十勝毎日新聞 電子版

Tokachi Mainichi News Web

ジョージアの特命全権大使が池田町へ ワインづくりなど見学

グルジア(現ジョージア)から池田に寄贈されたかめを見学する安井町長(左)とレジャバ氏(右)

 【池田】ジョージア特命全権大使のティムラズ・レジャバ氏(34)が25日、池田町を訪れ、いけだワイン城を見学した。ワイン発祥の地ともされるジョージアと、今年でワイン醸造60年を迎える池田町が交流を深めた。(本田龍之介)

 レジャバ氏は、札幌市内で開かれた「伝統的酒造りシンポジウムin北海道」(札幌国税局主催、23、24日)に参加するため来道した。素焼きのかめを使ったジョージアのワイン造り「クヴェヴリワイン」は2013年にユネスコ無形文化遺産に登録されている。シンポジウムでは、レジャバ氏、安井美裕池田町長らによる「ジョージア・クヴェヴリワインと北海道産ワインの歴史と未来」と題したトークセッションも行われた。

 今回の池田来訪はレジャバ氏側からの希望で実現。25日夕に東京へ帰るまでの数時間、町を訪れ、安井町長らによるワイン城の案内、十勝ワイン数種の試飲、いけだ牛などのコース料理を堪能した。レジャバ氏は試飲したワインの一つ「ジュエルオブトカチ2020」について「池田の信念が伝わるワイン。素材、ワインを愛する気持ちが伝わった」と評した。

 町は、グルジア共和国(現ジョージア)のワイン造りを1980年代に視察。ブドウをかめに入れて土の中で発酵させる、グルジアの伝統的な製造法「クヴェヴリ」を町ブドウ・ブドウ酒研究所で2000年に再現させ、以降少量ながらも醸造している。かめは町の高齢者が作った陶器「いきがい焼き」のもので代用してきた。

 ワイン城では、04年にグルジアから寄贈された素焼きの大きなかめを展示している。レジャバ氏は展示品を見学し「池田がつくってきたジョージアとの絆に感謝」と語った。安井町長は「いろいろな意味でジョージアのワイン文化の影響を受けており、貴重な経験となった。池田もジョージアに負けない歴史を刻みたい」と話していた。

関連写真

  • 十勝ワインのクヴェヴリを貴賓室で楽しむレジャバ氏(右)

    十勝ワインのクヴェヴリを貴賓室で楽しむレジャバ氏(右)

  • グルジア(現ジョージア)から池田に寄贈されたかめを見学する(左から)安井町長とレジャバ氏

    グルジア(現ジョージア)から池田に寄贈されたかめを見学する(左から)安井町長とレジャバ氏

  • 池田 ジョージアの特命全権大使 レジャバ氏が来町 ワインづくりなど見学 4

    池田 ジョージアの特命全権大使 レジャバ氏が来町 ワインづくりなど見学 4

  • 池田 ジョージアの特命全権大使 レジャバ氏が来町 ワインづくりなど見学 5

    池田 ジョージアの特命全権大使 レジャバ氏が来町 ワインづくりなど見学 5

  • 十勝ワインを試飲する(右から)安井町長、レジャバ氏ら

    十勝ワインを試飲する(右から)安井町長、レジャバ氏ら

  • 池田 ジョージアの特命全権大使 レジャバ氏が来町 ワインづくりなど見学 7

    池田 ジョージアの特命全権大使 レジャバ氏が来町 ワインづくりなど見学 7

  • いきがい焼きを見る(左から)安井町長、レジャバ氏

    いきがい焼きを見る(左から)安井町長、レジャバ氏

  • レジャバ氏

    レジャバ氏

  • 十勝ワインの品ぞろえを見学するレジャバ氏(中央)

    十勝ワインの品ぞろえを見学するレジャバ氏(中央)

  • 貴賓室で談笑する(右から)安井町長、レジャバ氏ら

    貴賓室で談笑する(右から)安井町長、レジャバ氏ら

更新情報

従業員手作りの木製遊具、ドッグラン完成 音更・ホテルテトラ

紙面イメージ

紙面イメージ

6.7(水)の紙面

ダウンロード一括(99MB) WEBビューア新機能・操作性UP

日別記事一覧

前の月 2023年6月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

十勝の市町村

Facebookページ

記事アクセスランキング

  • 昨日
  • 週間
  • 月間

十勝毎日新聞電子版HOME