十勝毎日新聞 電子版

Tokachi Mainichi News Web

思い出の藤丸「元エレベーターガール 菊池宏子さん」

元エレベーターガール 菊池宏子さん(56)
憧れの仕事 とても楽しく 百貨店の顔 笑顔を心掛け

 1987年から10年間、藤丸のエレベーターガールとして客を迎えた。「中学生のころからの憧れ。とても楽しい仕事だった」と振り返る。エレベーターで丁寧に客を案内する女性の姿がまぶしく映っていた。

 1966年帯広市生まれ。帯広柏小、帯広第六中、帯広大谷高を卒業。珠算の段位を生かせると教員に紹介され、帯広駅のキヨスクに就職。2年半勤務した。3年目に藤丸のエレベーターガールの募集があり、転職。エレベーターガールは定員が限られ、欠員がなければ募集のない狭き門。喜びもひとしおだった。

エレベーターガール時代の菊池係長。エレベーター内や総合案内など、案内業務全般を担った

 最初に袖を通した制服は、紫がかった青いワンピースに同色のボレロ。制服は、同店2階のブランドの物で高級品。それも憧れの一つだった。「身にまとうと背筋がピンと伸びた」と話す。エレベーターガールは、最も多くの客と接する職で、百貨店の顔。笑顔と姿勢を心掛けた。「お客さまを心地よく迎え、見送りたかった」と話す。館内案内の業務の質を上げるため、売り場に細かく目を通し、取り扱う商品の知識を深めた。

 エレベーターガールを引退後は、食品売り場などで勤務。2003年ごろからは係長として、食品売り場全体を管轄する。「お客さまに心地よく買い物してほしい」との思いは変わらない。1月末の閉店を前に、ゴディバの協力を得てバレンタイン用の売り場も設けた。「最後まで納得のいく商品を届けたい」と背筋を伸ばす。(吉原慧)


◆特集
思い出の藤丸 一覧

更新情報

話しながら切符購入が可能に JR新得駅と池田駅

紙面イメージ

紙面イメージ

1.31(火)の紙面

ダウンロード一括(61MB) WEBビューア新機能・操作性UP

日別記事一覧

前の月 2023年2月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28

十勝の市町村

Facebookページ

記事アクセスランキング

  • 昨日
  • 週間
  • 月間

十勝毎日新聞電子版HOME