十勝毎日新聞 電子版

Tokachi Mainichi News Web

成人式に振り袖を 美容室VESSが寄付の着物で支援

昨年12月に寄付された振り袖を手にする長岡代表。「連絡をもらえたら私もうれしい」と話す

 経済的な理由などで振り袖が着られない女性に格安で着物を貸し出し、着付けからヘアメークまで支援する取り組みを続けている帯広市内の美容室「VESS」(西18南4、長岡行子代表)が今シーズンも地域住民から振り袖の寄付を受けた。十勝管内でも「二十歳のつどい」が迫る中、「(振り袖や式典を)諦めている子がいたらぜひ連絡してほしい」(長岡代表)と呼び掛けている。

 VESSの取り組みは2008年、長岡代表が知人から振り袖の寄付を受けたことがきっかけで始まった。「そこから毎年、2~5人ずつ着付けを担当してきた」と言い、これまで支援してきた女性は50人に上る。今シーズンも1人親家庭の女性や児童養護施設出身の女性など4人が利用を決めており、父子家庭の父親からは「成人式の娘の着物をどのように準備したらいいか」などの相談もあるという。

 昨年12月にも長岡代表の元へ着物一着の寄付があった。寄付したのは帯広市内の50代女性。自分が成人式で着た振り袖が家で眠っていることに気がつき、ぜひ寄付したいと「36年ぶりに引っ張り出した」。

 「せっかくならいろいろなデザインの中から選ばせてあげたい」と長岡代表。今回の寄付でVESSにあるレンタル用着物は10着になった。古い着物は袖付け部分が破れてしまっていることもあるが「スタッフで修繕し、着られるようにしている」とし、振り袖の寄付も常時受け付けている。

 使用した振り袖は次の年に支援を望む女性のためにクリーニングや修繕を施す。支援を利用する女性たちからはそれらの料金に充てるための8000円のみをもらっているが「女性たちに『支援の輪に加わった』という実感を持ってもらえたら」という長岡代表の願いからだ。

 成人式後の「後撮り」や20歳では着る機会がなかったが「やっぱり着てみたい」という女性にも対応する。長岡代表は「地域の人がつないでくれた思いのバトンをこれからもつないでいきたい」と話す。

 問い合わせはVESS(0155・38・3558)へ。(近藤周)

更新情報

話しながら切符購入が可能に JR新得駅と池田駅

紙面イメージ

紙面イメージ

1.31(火)の紙面

ダウンロード一括(61MB) WEBビューア新機能・操作性UP

日別記事一覧

前の月 2023年2月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28

十勝の市町村

Facebookページ

記事アクセスランキング

  • 昨日
  • 週間
  • 月間

十勝毎日新聞電子版HOME