十勝毎日新聞 電子版

Tokachi Mainichi News Web

好みのチーズに一票「C1グランプリ」決める 北海道チーズフェス

チーズの食べ比べをする参加者(4日午前10時15分ごろ、北海道ホテルで。金野和彦撮影)

 道産チーズの魅力を伝える「北海道チーズフェス2022」が4日、帯広市内の北海道ホテルで開かれた。メインイベントの「C1グランプリ」ではチーズの試食・投票を実施し、盛り付けを行うチーズプラトーの実演も披露された。

 北海道チーズフェス実行委員会(事務局・グリーンストーリープラス)が主催し、昨年に続いて2回目。十勝ナチュラルチーズ協議会顧問の林克彦氏(十勝毎日新聞社取締役)が「国内のチーズ消費量は増加傾向にあるが、国産の割合は14%のみ。国内チーズ工房の半分近くは道内に所在しており、北海道からチーズのおいしさを広めたい」とあいさつした。

 道内外から200人が参加。C1グランプリは、しあわせチーズ工房(足寄町)や十勝野フロマージュ(中札内村)など十勝管内をはじめ、道内各地の工房のチーズ50種類を用意。参加者は食べ比べをしながら、好みのチーズに票を投じていた。投票結果は同日午後に発表される。

チーズプラトーの実演(4日午前11時ごろ。金野和彦撮影)

 チーズプラトーの実演では昨年実施したコンテストのファイナリスト4人が作品を披露。管内から唯一参加した帯広市の福島陽子さんは正月をテーマにした作品を仕上げた。

 9~11月に実施したチーズの盛り付けや料理写真を募る「チーズフォトコンテスト」の大賞発表や、チーズに関する講話やパネルディスカッションも行われた。帯広市から来た東恵津子さん(35)は「一度に50種類のチーズを食べることは日常生活ではないので、天国のような時間を過ごせた」と話していた。(津田恭平)

好みのチーズに一票「C1グランプリ」決める 北海道チーズフェス

関連動画

  • 好みのチーズに一票「C1グランプリ」決める 北海道チーズフェス

関連写真

  • チーズの食べ比べをする参加者(4日午前10時15分ごろ、北海道ホテルで。金野和彦撮影)

    チーズの食べ比べをする参加者(4日午前10時15分ごろ、北海道ホテルで。金野和彦撮影)

更新情報

【写真特集】陸別 日本一の寒さ体感 しばれフェスティバル

紙面イメージ

紙面イメージ

2.6(月)の紙面

ダウンロード一括(104MB) WEBビューア新機能・操作性UP

日別記事一覧

前の月 2023年2月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28

十勝の市町村

Facebookページ

記事アクセスランキング

  • 昨日
  • 週間
  • 月間

十勝毎日新聞電子版HOME