十勝毎日新聞 電子版

Tokachi Mainichi News Web

特産「缶詰」自販機、とかちむらに登場、帯信金と連携事業

設置した自販機をPRする(左から)曽根取締役と森岡孝仁帯広信金常勤理事本店長

 帯広信用金庫(高橋常夫理事長)が十勝の事業者応援で進める「十九勝(とくかち)プロジェクト」の一環で、市内のとかちむら産直市場前に、十勝の特産缶詰が買える自動販売機が登場、話題となっている。

 今回は同市場を運営するSPCとかちむら(帯広市、曽根一社長)がパートナー企業として管理する。自販機は2日に設置した。

 買える缶詰は、エルパソ(帯広市)のどろぶたジンギスカン風煮込み(930円)や、ドリームヒル・トムラウシ(新得町)の道産鹿肉のポワブラード(1140円)など7種。とかちむらの曽根史子取締役は「特に冬期間は店舗の営業時間も短くなるので、閉店後も土産などとして購入してもらえる。店頭での人気商品を集めた」とする。

 同プロジェクトはコロナ禍で苦戦する事業者を応援し、地方創生につなげるもので、日本財団「わがまち基金」に採択。帯信金本店前に6月設置したジンギスカンなどの自販機設置から、今回で5台目。

 帯信金ではインスタグラム(@obihiroshinkin)で商品情報などを発信している。(佐藤いづみ)

関連動画

  • 特産「缶詰」自販機、とかちむらに登場、帯信金と連携事業

関連写真

  • 特産「缶詰」自販機、とかちむらに登場、帯信金と連携事業 2

    特産「缶詰」自販機、とかちむらに登場、帯信金と連携事業 2

  • 特産「缶詰」自販機、とかちむらに登場、帯信金と連携事業 3

    特産「缶詰」自販機、とかちむらに登場、帯信金と連携事業 3

更新情報

管内業況9ポイント悪化 マイナス27 物価高響く 帯広信金

紙面イメージ

紙面イメージ

10.5(水)の紙面

ダウンロード一括(79MB) WEBビューア新機能・操作性UP

日別記事一覧

前の月 2022年10月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

十勝の市町村

Facebookページ

記事アクセスランキング

  • 昨日
  • 週間
  • 月間

十勝毎日新聞電子版HOME