十勝毎日新聞 電子版

Tokachi Mainichi News Web

帯広市職員の時間外 年1390時間超の職員も 平均は151時間 コロナ対応で業務増

 帯広市職員(一般職)の昨年度の時間外勤務が15万9209時間に達し、前年度に比べ3256時間増えた。一人当たりの年間平均は151時間(前年度比2時間増)で、新型コロナウイルス感染症に関わる業務の増大が主な要因。時間外勤務時間は右肩上がりの状態が続いており、対策が求められている。

 16日の市議会決算審査特別委員会で、椎名成氏(公明)、大林愛慶氏(立憲民主・市民連合)の質問に答え...


●この記事は会員限定です。勝毎電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今すぐ申し込むログインして続きを読む

更新情報

バルーンマンション倒壊も“助っ人”の協力で確保にめど 陸別・しばれフェス

紙面イメージ

紙面イメージ

1.30(月)の紙面

ダウンロード一括(112MB) WEBビューア新機能・操作性UP

日別記事一覧

十勝の市町村

Facebookページ

記事アクセスランキング

  • 昨日
  • 週間
  • 月間

十勝毎日新聞電子版HOME