十勝毎日新聞 電子版

Tokachi Mainichi News Web

耕土興論「牧野伊三夫(画家) 缶詰」

 物書きがホテルや旅館に長逗留(とうりゅう)して執筆する缶詰生活に憧れていたことがあった。志賀直哉が『城の崎にて』を執筆した宿にしても、川端康成が『伊豆の踊子』を執筆した宿にしても、いかにも居心地のよさそうな温泉旅館である。

 小説というのは、そんなところに泊まらないと書けないものなのだろうか。文筆の苦しみなどということを知らなかった僕はただうらやましく思っていた。しかし、それは...


●この記事は会員限定です。勝毎電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今すぐ申し込むログインして続きを読む

更新情報

災害ボランティアセンターの設置・運営手順確認 音更で初訓練

紙面イメージ

紙面イメージ

2.1(水)の紙面

ダウンロード一括(90MB) WEBビューア新機能・操作性UP

日別記事一覧

前の月 2023年2月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28

十勝の市町村

Facebookページ

記事アクセスランキング

  • 昨日
  • 週間
  • 月間

十勝毎日新聞電子版HOME