十勝毎日新聞 電子版

Tokachi Mainichi News Web

服のまま水に落ちたら、豊頃小6年生が対処法学ぶ 着衣泳講習会

 【豊頃】豊頃小学校(笠松真一郎校長、児童88人)の6年生15人を対象にした「着衣泳講習会」が8月29日、豊頃町民プールで行われた。オカモトパブリックビジネスカンバニー・ネイパル厚岸の三間順一マネージャーが講師を務め、命の守り方を伝えた。

 事前に教室で行われた座学では、海、河川など自然水域の水難事故や洋服を着た状態で水に落ちたときの対処法に「浮いて待つことが大切」と説明。
...


●この記事は会員限定です。勝毎電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今すぐ申し込むログインして続きを読む

関連写真

  • 浮く練習をする児童

    浮く練習をする児童

  • 三間マネージャーから浮く指導を受ける児童(真ん中で浮いているのが三間マネージャー)

    三間マネージャーから浮く指導を受ける児童(真ん中で浮いているのが三間マネージャー)

更新情報

「じゃがいもアイス」と「ホエイぱん」を商品化 札幌で販売へ 鹿追高生

紙面イメージ

紙面イメージ

11.30(水)の紙面

ダウンロード一括(104MB) WEBビューア新機能・操作性UP

日別記事一覧

十勝の市町村

Facebookページ

記事アクセスランキング

  • 昨日
  • 週間
  • 月間

十勝毎日新聞電子版HOME