十勝毎日新聞 電子版

Tokachi Mainichi News Web

「うまいもの」求め行列 全国45店 20日まで 藤丸

沖縄名物のサーターアンダギーを買い求める来場者(15日午前11時半ごろ)

 全国各地の秋の味覚を集めた「第77回全国うまいもの大会」が15日、帯広市内の藤丸7階催し物会場で開幕した。各地の名産を求める多くの買い物客でにぎわっている。20日まで。

 全国23都道府県から45店が出店、梅とひじきのふりかけを販売する来夢(大阪)が初出店した。小川の庄(長野)のおやきや地雷也(愛知)の天むすなどは実演販売を行った。かにめし本舗かなや(北海道)のカニ飯やちゅら家(沖縄)のサーターアンダギーなども人気を集めていた。

 夫婦で訪れた帯広市の田渕襄さん(86)は「妻が岩手出身なので岩手県の漬物を買いに来た。藤丸が来年1月に閉店するのは寂しいが、その前にたくさん訪れたい」と話していた。

 午前10時~午後7時(最終日は午後4時まで)。22~27日には沖縄の特産品をピックアップし、第2弾を開催する。(吉原慧)

関連動画

  • 藤丸で全国うまいもの大会

関連写真

  • 商品を購入した買い物客

    商品を購入した買い物客

  • たこ焼きを受け取る買い物客

    たこ焼きを受け取る買い物客

更新情報

「全力で戦う」全国小学生バドミントン出場選手 教育長に意気込み

紙面イメージ

紙面イメージ

12.6(火)の紙面

ダウンロード一括(86MB) WEBビューア新機能・操作性UP

日別記事一覧

前の月 2022年12月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

十勝の市町村

Facebookページ

記事アクセスランキング

  • 昨日
  • 週間
  • 月間

十勝毎日新聞電子版HOME