十勝毎日新聞 電子版

Tokachi Mainichi News Web

タイセイ飼料とJA木野が連携、廃棄野菜で飼料開発 北洋銀が仲立ち

ブロッコリーの茎活用
 【音更】タイセイ飼料(音更町、土井章裕社長)とJA木野(黒田浩光組合長)が、通常は廃棄するブロッコリーの茎を活用した新たな家畜飼料の開発に取り組む。北洋銀行帯広中央支店(津山博恒支店長)が主導したプロジェクトで、飼料の価格高騰が続く中、廃棄野菜で安価・安定的に製造する体制を模索するのが狙い。津山支店長は「将来は他の廃棄野菜にも広げ、全道規模の取り組みに拡大したい」...


●この記事は会員限定です。勝毎電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今すぐ申し込むログインして続きを読む

関連写真

  • 飼料の開発を進めるタイセイ飼料の工場。原料はミキサー付きのトラクターで攪拌される

    飼料の開発を進めるタイセイ飼料の工場。原料はミキサー付きのトラクターで攪拌される

更新情報

ローソンの本間さんに2度目の感謝状 特殊詐欺未然防止で池田署

紙面イメージ

紙面イメージ

11.27(日)の紙面

ダウンロード一括(61MB) WEBビューア新機能・操作性UP

日別記事一覧

十勝の市町村

Facebookページ

記事アクセスランキング

  • 昨日
  • 週間
  • 月間

十勝毎日新聞電子版HOME