十勝毎日新聞 電子版

Tokachi Mainichi News Web

芽室町内に初のコワーキングスペース アプリ通じ全国にも周知

コワーキングスペースの利用を呼び掛ける(右から)永井代表、八所かおり副代表

 【芽室】芽室町内のNPO法人「Qucurcus(ククルクス)」が、町本通3ノ2にある事務所の一部をコワーキングスペースとして開放している。町内初のコワーキングスペースで、全国各地のコワーキングスペースを探せるスマートフォンアプリを通じ、町外からも利用が進んでいる。(石川彩乃)

 同法人では、2021年の事務所開設当初から、一部をリモートワークなどができる場所として活用する考えでいた。今年5月からコワーキングスペースとしての開放を始めている。

 7月には「いいオフィス」(東京)が運営する、コワーキングスペースの検索・決済アプリ「いいアプリ」との連携を開始。同アプリでは全国約750カ所のコワーキングスペースを地域ごとに検索でき、QRコードの読み取りなどで簡単に決済可能。多くの人に認知され、利用促進につながった。管内ではククルクスのほか、幕別町札内の「Nスペース」、帯広市の「omoto」とも連携している。

 ククルクスの永井健士代表(53)は「テレワークの導入が進んだ一方、家だと集中できないという人もいる。仕事はもちろん、趣味で黙々と作業したい時など気軽に活用してほしい」と話している。

 平日午前10時~午後6時で、定員10人程度。1時間300円、半日(4時間まで)1000円、終日(8時間まで)2000円。混雑時は相席となるほか、スタッフは通常業務のため、来客・電話対応をすることがある。1時間当たり500円を増額し、営利目的の利用もできる。午後6時~同8時は予約制の貸し出しスペースとして運用中。問い合わせは同法人(0155・67・5144)へ。

更新情報

町内の子どもたちが交流 新得

紙面イメージ

紙面イメージ

11.28(月)の紙面

ダウンロード一括(100MB) WEBビューア新機能・操作性UP

日別記事一覧

十勝の市町村

Facebookページ

記事アクセスランキング

  • 昨日
  • 週間
  • 月間

十勝毎日新聞電子版HOME