十勝毎日新聞 電子版

Tokachi Mainichi News Web

帯広市内消防団に救命ボート導入 初の訓練を実施

 全国各地で大雨や台風による大規模水災害が相次いでいる状況を受け、帯広消防署は消防団に災害救助用の救命ボートを配備。10日、市内の十勝川で初めて取り扱い訓練を実施した。

 大規模水害発生時は消防署員だけでは対応が不十分になる可能性が考えられるため、消防団への救命ボート配備を決めた。6人乗りのボートを昨年、市街地の5消防団に1そうずつ導入。昨年はコロナ禍の影響で訓練は実施できなかった...


●この記事は会員限定です。勝毎電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今すぐ申し込むログインして続きを読む

関連写真

  • 帯広消防署の特別救助隊員の指導の下、ボートの操作を学ぶ消防団員たち

    帯広消防署の特別救助隊員の指導の下、ボートの操作を学ぶ消防団員たち

  • 帯広消防署の特別救助隊員の指導の下、ボートの操作を学ぶ消防団員たち

    帯広消防署の特別救助隊員の指導の下、ボートの操作を学ぶ消防団員たち

更新情報

友好都市広尾のウッドランタンを芽室でも 12月4日にワークショップ

紙面イメージ

紙面イメージ

11.28(月)の紙面

ダウンロード一括(100MB) WEBビューア新機能・操作性UP

日別記事一覧

十勝の市町村

Facebookページ

記事アクセスランキング

  • 昨日
  • 週間
  • 月間

十勝毎日新聞電子版HOME