十勝毎日新聞 電子版

Tokachi Mainichi News Web

ジャガイモ収穫最盛期 玉数多いが小ぶり

 【芽室】十勝管内の畑でジャガイモの収穫が最盛期を迎えている。専用の収穫機械が畝に沿って進みながら次々とイモを掘り出している。

 芽室町東芽室の鈴鹿農園(鈴鹿誠社長)は今年、借地を含めた約230ヘクタールの畑のうち43ヘクタールでジャガイモを栽培。小麦と並んでジャガイモ生産が主力で、早生から晩生まで生食用と加工用の計11種類を育てている。

 作付面積の拡大に合わせて...


●この記事は会員限定です。勝毎電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今すぐ申し込むログインして続きを読む

関連動画

  • ジャガイモ収穫最盛期 玉数多いが小ぶり

関連写真

  • 晴天の下、大型の機械を使って行われたジャガイモの収穫作業(9日午前9時ごろ、芽室町内で。小山田竜士撮影)

    晴天の下、大型の機械を使って行われたジャガイモの収穫作業(9日午前9時ごろ、芽室町内で。小山田竜士撮影)

  • 収穫と並行して行われているジャガイモの選別作業(小山田竜士撮影)

    収穫と並行して行われているジャガイモの選別作業(小山田竜士撮影)

  • 晴天の下、大型の機械を使って行われたジャガイモの収穫作業(9日午前9時ごろ、芽室町内で。小山田竜士撮影)

    晴天の下、大型の機械を使って行われたジャガイモの収穫作業(9日午前9時ごろ、芽室町内で。小山田竜士撮影)

  • 晴天の下、大型の機械を使って行われたジャガイモの収穫作業(9日午前8時40分ごろ、芽室町内で。小山田竜士撮影)

    晴天の下、大型の機械を使って行われたジャガイモの収穫作業(9日午前8時40分ごろ、芽室町内で。小山田竜士撮影)

更新情報

ローソンの本間さんに2度目の感謝状 特殊詐欺未然防止で池田署

紙面イメージ

紙面イメージ

11.27(日)の紙面

ダウンロード一括(61MB) WEBビューア新機能・操作性UP

日別記事一覧

十勝の市町村

Facebookページ

記事アクセスランキング

  • 昨日
  • 週間
  • 月間

十勝毎日新聞電子版HOME