十勝毎日新聞 電子版

Tokachi Mainichi News Web

水害被害の記憶、忘れずに 新得で節水の日

 【新得】2016年夏の台風災害を教訓に新得町が制定した「しんとく節水の日」(8月31日)に合わせ、町内の小学校で水の大切さを学ぶ出前授業が行われた。

 町内では16年の災害時、市街地を中心に人口の8割に相当する2636世帯で3週間近く断水した。記憶を後世に伝えるため、同年の子ども議会で児童から記念日制定の提案を受け、17年に制定された。

 8月31日には、新得小学...


●この記事は会員限定です。勝毎電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今すぐ申し込むログインして続きを読む

関連写真

  • 町職員から当時の台風被害状況の説明を受ける児童たち

    町職員から当時の台風被害状況の説明を受ける児童たち

更新情報

「じゃがいもアイス」と「ホエイぱん」を商品化 札幌で販売へ 鹿追高生

紙面イメージ

紙面イメージ

11.30(水)の紙面

ダウンロード一括(104MB) WEBビューア新機能・操作性UP

日別記事一覧

十勝の市町村

Facebookページ

記事アクセスランキング

  • 昨日
  • 週間
  • 月間

十勝毎日新聞電子版HOME