十勝毎日新聞 電子版

Tokachi Mainichi News Web

介護給付費約3400万円を不正受給 音更の「生活介護ライフ」指定取り消し

10月31日付で指定取り消しとなる「生活介護ライフ」

 道は1日、音更町内の障害者支援施設「生活介護ライフ」が、2017年から18年にかけて、介護給付費など計約3443万円を不正受給したとして、障害者総合支援法に基づき、指定障害者サービス事業者の指定取り消し処分とした。指定取り消しは10月31日付。

 十勝総合振興局によると、クローバー(音更、中鍵新也社長)が運営する生活介護ライフは、配置が義務付けられている常勤の職員(サービス管理責任者)を配置していないにもかかわらず、「配置した」とする虚偽の記録を作成。実際は配置していないサービス管理責任者の名義を用いて、利用者の住民票がある道内外6市11町1村(このうち十勝管内1市8町1村)に介護給付費を請求し、17年4月から18年9月まで、計約3443万円を不正に受給したとされる。

 サービス管理責任者は支援計画の作成などを担い、配置できない場合は介護給付費が最大50%カットされる。生活介護ライフでは、配置しているかのように装った勤務表や個別支援計画などを作成。介護給付費を減額せずに請求した。

 今年1月、道に匿名の情報提供があった。8月に聴聞会が開かれ、同社は不正受給を認めた。道は不正受給分に40%を加算して返還を求めるよう、6市11町1村に助言する考え。

 同社によると、「生活介護ライフ」は36人が利用している。グループホームなどの事業も展開しているが、同社では「生活介護ライフも含めて事業譲渡に向けて交渉中」という。

 取材に対し中鍵社長は、「施設の運営費などに用いた」とする不正受給分などは返還する考えを示した上で、「利用者やご家族、地域などに対して多大なご迷惑をお掛けし、申し訳ない」としている。(松岡秀宜)

更新情報

帯広スイムパル道ブロックマスターズ水泳50連覇の偉業達成

紙面イメージ

紙面イメージ

12.6(火)の紙面

ダウンロード一括(86MB) WEBビューア新機能・操作性UP

日別記事一覧

前の月 2022年12月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

十勝の市町村

Facebookページ

記事アクセスランキング

  • 昨日
  • 週間
  • 月間

十勝毎日新聞電子版HOME