十勝毎日新聞 電子版

Tokachi Mainichi News Web

大道芸に笑いと拍手 平原まつり2日目にぎわう

華麗な妙技を披露し、観客を沸かせる大道芸人のこ~すけ(15日午後0時15分ごろ、藤丸前で。金野和彦撮影)

 第75回おびひろ平原まつり(帯広のまつり推進委員会主催)は14、15の両日、大道芸フェスなど久々の祭りを楽しもうと多くの市民が訪れ、3年ぶりに夏の平原通に活気があふれた。

 歩行者天国にした平原通と広小路を会場にした「とかち夏空大道芸フェスティバル2022」には、国内外で活躍する一流パフォーマー7組が登場した。

 親子コンビ「TSIRK ABBY(チルクアビー)」は軟体芸を披露。東京五輪開会式のピクトグラムパフォーマンスで知られる「GABEZ(ガベジ)」は、14日夕のにわか雨の下でも懸命のステージを見せ、観客が温かい拍手を送った。

 平原まつりの大道芸は、十勝毎日新聞社などでつくる実行委員会が主催する恒例イベント。10年前から毎年訪れている帯広市の佐藤早枝さん(61)は「みんなで同じものを見て笑い、人と人とのつながりを感じた」と話していた。

 15日午後7時からは広小路2区で出演芸人全員が一堂に会するファイナルショーが予定されている。(近藤周)

関連写真

  • 途中土砂降りとなるハプニングにも負けず、全力のパフォーマンスを見せるGABEZ

    途中土砂降りとなるハプニングにも負けず、全力のパフォーマンスを見せるGABEZ

  • 東京オリンピックのピクトグラムパフォーマンスでも話題のGABEZ

    東京オリンピックのピクトグラムパフォーマンスでも話題のGABEZ

  • 親子パフォーマーのやりとりに会場はほっこりした雰囲気となった

    親子パフォーマーのやりとりに会場はほっこりした雰囲気となった

  • 人間離れした軟体を生かしたHANNAの技に会場からは大きな拍手が送られた

    人間離れした軟体を生かしたHANNAの技に会場からは大きな拍手が送られた

更新情報

帯広国際CC選手権高田14年ぶり2度目V、シニアは伊藤V4、Gシニア前道、女子阿部制す

紙面イメージ

紙面イメージ

9.27(火)の紙面

ダウンロード一括(86MB) WEBビューア新機能・操作性UP

日別記事一覧

十勝の市町村

Facebookページ

記事アクセスランキング

  • 昨日
  • 週間
  • 月間

十勝毎日新聞電子版HOME