十勝毎日新聞 電子版

Tokachi Mainichi News Web

夏を音色で盛り上げたい おびひろ盆おどりで生演奏「はるこさんバンドと仲間たち」

「はるこさんバンドと仲間たち」のメンバー。盆踊りの生演奏を担当するのは今年で24回目となる

 おびひろ平原まつりのトリを飾るおびひろ盆おどりで、「北海盆唄」の生演奏を毎年担当しているのは、十勝管内で音楽活動をするメンバーが集まった「はるこさんバンドと仲間たち」。3年ぶりとなる15日の本番に向け、メンバー15人に気合が入る。

 「はるこさんバンド」とは十勝錦玉民謡連合会の会員で構成された演奏隊で、同会の先代会主の名からその名が付けられた。北海盆唄の編曲者である村田博之さん(69)がバンドマスターを務め、四半世紀盆踊りの生演奏を一手に担ってきた。近年は現会主の下村錦玉さんの声掛けで集まった「仲間たち」とともに演奏を続けてきた。

 バンド結成当時からのメンバーで横笛を担当する平間昭博さん(82)は「年1回の平原まつりのため、毎年1年前からスケジュールを空けている」と話し、「久しぶりの舞台。緊張するが楽しみたい」と目を細めた。

 下村さんは「当時のメンバーも高齢化してきており、徐々に若い人へのバトンタッチの時期」と話す。帯広大谷短大1年の西島知香さん(18)は小学3年生から三味線を始め、「いつか私もやぐらの上で演奏したい」と平原まつりは憧れの舞台。下村さんの抜てきで今年で4度目の出演となるが「気合を入れて臨みたい」と意気込む。

 3年ぶりの開催に、士幌町の農家で歌い手の河村ひとみさん(47)も「お祭りが開催されるということがうれしい」と話す。

 コロナ禍で合わせ練習は1度だけだが、長年積み重ねてきた経験がある。若い力も加わり「はるこさんバンドと仲間たち」は今年も十勝の夏を音色で盛り上げる。(近藤周)

更新情報

10日に「千の風になって」浜上さん、諸田さんデュオリサイタル

紙面イメージ

紙面イメージ

10.6(木)の紙面

ダウンロード一括(111MB) WEBビューア新機能・操作性UP

日別記事一覧

前の月 2022年10月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

十勝の市町村

Facebookページ

記事アクセスランキング

  • 昨日
  • 週間
  • 月間

十勝毎日新聞電子版HOME