十勝毎日新聞 電子版

Tokachi Mainichi News Web

編集余録「開拓140年」

 明治16年、帯広に開拓のくわを下ろした晩成社の依田勉三が詠んだといわれる「開墾のはじめは豚と一つ鍋」。開拓の苦難を表した句として知られ、帯広発祥の地の碑に刻まれている

▼乃南アサさんの小説「チーム・オベリベリ」は晩成社幹部・渡辺勝の妻カネを主人公に、帯広の開拓の挑戦を題材にした。カネは「私たちの代が、耐えて、耐えて、この土地の捨て石になるつもりでやっていかなければ、この土地は、そう...


●この記事は会員限定です。勝毎電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今すぐ申し込むログインして続きを読む

更新情報

藤丸へ感謝込め シャッターアート 近くの洋品店「ONE WEEK」

紙面イメージ

紙面イメージ

8.19(金)の紙面

ダウンロード一括(128MB) WEBビューア新機能・操作性UP

日別記事一覧

前の月 2022年8月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

十勝の市町村

Facebookページ

記事アクセスランキング

  • 昨日
  • 週間
  • 月間

十勝毎日新聞電子版HOME