十勝毎日新聞 電子版

Tokachi Mainichi News Web

熱中症相次ぐ 3日搬送12件、農作業の高齢者やスポーツ中に

 十勝管内は南から暖かい空気が流れ込んでいる影響で、各地で3日に続き4日も真夏の暑さが続いている。連日の暑さに、熱中症による救急搬送も相次いでいる。

 帯広測候所によると、3日の最高気温は浦幌34・2度、帯広33・7度など、管内19観測地点すべてで30度を上回り、豊頃町大津を除く18地点で今季最高を記録した。

 とかち広域消防局によると、3日は熱中症で12件の救急搬送があった。農作業などをしていた高齢者が半数近くを占める一方、10~20代で、野球やテニスをしていて運ばれるケースも複数あった。

 4日も午前11時までの最高気温が帯広32・2度、池田31・8度、音更町駒場31・6度など、11地点で真夏日となった。

 同測候所によると、暑さのピークは4日まで。5日も暖かい空気は残るものの、雲が広がり日差しが遮られるため、帯広の最高気温は26度の予想。(山田夏航、丹羽恭太)

更新情報

今年度第1号は中央大の三枝さん 広尾ワーキングホリデー

紙面イメージ

紙面イメージ

8.9(火)の紙面

ダウンロード一括(99MB) WEBビューア新機能・操作性UP

日別記事一覧

前の月 2022年8月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

十勝の市町村

Facebookページ

記事アクセスランキング

  • 昨日
  • 週間
  • 月間

十勝毎日新聞電子版HOME