十勝毎日新聞 電子版

Tokachi Mainichi News Web

耕土興論「町田康(小説家) あたりまえに呈す」

 「家にあれば笥(け)に盛る飯を草枕旅にしあれば椎の葉に盛る」というのは有間皇子の歌で、家だったら皿に盛って食べるけど旅先だったらシイの葉に盛る、という意味の歌である。

 これを現代の感覚で言うと、「いやー、旅情あってよろしやん」てなことになるのかも知れぬがそうでない。これは謀反が露見、尋問される途次、そんな情けないことになった身の上を嘆いてこしらえた歌であり、もしその感想を有間...


●この記事は会員限定です。勝毎電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今すぐ申し込むログインして続きを読む

更新情報

最期のときの過ごし方考える 音更

紙面イメージ

紙面イメージ

12.6(火)の紙面

ダウンロード一括(86MB) WEBビューア新機能・操作性UP

日別記事一覧

前の月 2022年12月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

十勝の市町村

Facebookページ

記事アクセスランキング

  • 昨日
  • 週間
  • 月間

十勝毎日新聞電子版HOME