十勝毎日新聞 電子版

Tokachi Mainichi News Web

米寿と還暦の親子二人三脚で理容店 帯広のヘアーサロンワタナベ

「ヘアーサロン ワタナベ」を親子で営み、道の表彰を受けた88歳の渡辺豊夫さん(左)と61歳の長男健治さん

 帯広市内の理容店「ヘアーサロン ワタナベ」(東3南10)で、88歳の渡辺豊夫さんが今でも現役で仕事を続けている。店の代表は2代目の長男健治さん(61)に譲ったが、親子2人で来客に対応。今年度の道の生活衛生関係営業優良施設にも選ばれ、2人は「真面目にコツコツと取り組んできたことが評価されたんだと思う」と話している。

 生活衛生-は、衛生管理状況が良好な旅館・ホテルや公衆浴場、興行場、理容所、美容所、クリーニング所などが対象。十勝からは今年度、同店のみが選ばれた。同店を推薦した道理容生活衛生同業組合帯広支部(坂上信喜支部長)は「他の理容所の模範となっている」と評価している。

 同店は1958年、豊夫さんが開業。今年9月で丸64年を迎える。店は渡辺さん親子と健治さんの妻聡子さん(57)の3人で営む。

 豊夫さんは1934年鹿追町出身。中学を卒業後、上士幌町で6年ほど修業した。札幌市や帯広市などでの約4年の職人時代を含めると、理容師のキャリアは70年近くに。「客商売だから人に好かれないとだめ。そして努力しないとお客さんはついてこない」と力説する。

 動きは以前と比べて遅くなったが、散髪や洗髪など一連の作業をこなす。常連は80~90代の同年代も多く、「お客さんと話して、髪を切ること自体が健康の秘訣(ひけつ)かもしれないね」と笑う。

 健治さんは札幌での修業を経て、25歳で同店に戻り、親子二人三脚は35年以上となった。コロナ禍当初は高齢のなじみ客が来るのを控えるなど、売り上げに影響が出たが、衛生管理をさらに徹底。椅子やドアノブをアルコール消毒するなど感染防止に気を配り、客足も戻った。

 豊夫さんは5月17日に米寿を迎えたばかり。健治さんも還暦の節目を過ぎた。2人は「たくさんのいいお客さんに恵まれた」と声をそろえる。

 健治さんは「父が長年続けているので、私も体が続く限り頑張りたい」と話し、豊夫さんは「いつ体が動かなくなるかはわからん。でも陸別など遠方から来る常連さんもいる。まだやるかな」とマイペースで働き続ける。

 営業時間は午前9時~午後6時半。火曜、第3月曜定休。問い合わせは同店(0155・23・4958)へ。(松村智裕)

更新情報

健康ポイント事業の手続き サツドラでも受け付け 中札内

紙面イメージ

紙面イメージ

8.17(水)の紙面

ダウンロード一括(76MB) WEBビューア新機能・操作性UP

日別記事一覧

前の月 2022年8月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

十勝の市町村

Facebookページ

記事アクセスランキング

  • 昨日
  • 週間
  • 月間

十勝毎日新聞電子版HOME