十勝毎日新聞 電子版

Tokachi Mainichi News Web

キタサンショウウオ卵のう128個を確認 上士幌

 【上士幌】環境省のレッドリストで絶滅危惧種に指定されている希少な両生類「キタサンショウウオ」の産卵調査が15日、上士幌町内で行われた。過去最多となる128個の卵のう(卵を包む袋状の膜)が確認された。これまでにない多数の卵のうが見つかった理由は不明だが、調査した一行は「何らかの事情で栄養状態がよかったのかもしれない」と推測している。

 調査したのは、キタサンショウウオの生態に詳し...


●この記事は会員限定です。勝毎電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今すぐ申し込むログインして続きを読む

関連動画

  • キタサンショウウオ卵のう128個を確認 上士幌

関連写真

  • 今回の調査で見つかったキタサンショウウオの卵のう。青く輝いている

    今回の調査で見つかったキタサンショウウオの卵のう。青く輝いている

  • キタサンショウウオの成体

    キタサンショウウオの成体

更新情報

企業と共同開発のクッキーを札幌で販売 上士幌高

紙面イメージ

紙面イメージ

12.2(金)の紙面

ダウンロード一括(121MB) WEBビューア新機能・操作性UP

日別記事一覧

前の月 2022年12月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

十勝の市町村

Facebookページ

記事アクセスランキング

  • 昨日
  • 週間
  • 月間

十勝毎日新聞電子版HOME