十勝毎日新聞 電子版

Tokachi Mainichi News Web

YOSAKOIソーラン 6月8日から 帯広競馬場でも開催

14日に発表された第31回YOSAKOIソーラン祭りのポスターデザイン

 【札幌】YOSAKOIソーラン祭り実行委員会は14日、新型コロナウイルス感染拡大防止対策を講じた上で、6月8~12日に祭りを開催すると発表した。規模を縮小し、札幌市内の10会場を予定。新たに帯広市内の帯広競馬場もサテライト会場として加わる。例年の6~7割となる約200団体の参加を見込む。

 今年のテーマは「新たな時代の一歩」。「2年連続中止を踏まえ、これまでと違う形の祭りをつくっていく挑戦の年」(実行委)との思いを込めた。新型コロナ感染防止策として、沿道からの観覧は原則中止。観覧客と通行人の間には目隠し用の幕を設け密集を防ぐ。参加者には演舞時マスクの着用を求め、リフトなど体が触れ合う演出を禁止とする。また、例年用意されていた無料の観覧スペースは廃止し、有料販売とする。

 帯広競馬場では、12日午前10時~午後2時半の演舞を予定。今後、実行委のホームページで、YOSAKOIソーランチームや市民団体などから参加を募る。

 札幌市内で開かれた記者会見で、実行委の久保勝史事務局長は「中止を想定したが、30年間積み上げてきた文化の継承が難しくなる危機感があった。何とか開催できる状況をつくりたい」と話した。(沖田唯可)

更新情報

新得の加地さん、最高位の名人に 全国そば打ち大会

紙面イメージ

紙面イメージ

12.9(金)の紙面

ダウンロード一括(107MB) WEBビューア新機能・操作性UP

日別記事一覧

前の月 2022年12月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

十勝の市町村

Facebookページ

記事アクセスランキング

  • 昨日
  • 週間
  • 月間

十勝毎日新聞電子版HOME