十勝毎日新聞 電子版

Tokachi Mainichi News Web

帯広59センチ 1月最多 交通混乱、運休相次ぐ

大雪に見舞われた帯広市内では除雪車の出動や市民が除雪に追われた(12日午前9時20分、帯広市緑ケ丘1条通6、塩原真撮影)

 急速に発達する低気圧の影響で、十勝管内は11日午後から12日早朝にかけて、強い雪が降り続け、24時間降雪量は帯広で統計開始以降、1月の過去最多となるなど、管内全域で記録的な降雪量となった。国道や高速道路は通行止めとなり、公共交通機関は運休が相次いだ。十勝全域に発令された大雪警報は、12日午前9時までに大雪注意報に切り替わったが、気温は平年より高めで推移するため、帯広測候所は、雪崩などへの注意も呼び掛けている。

 帯広測候所によると、日本海北部の低気圧と、北海道付近で急速に発達する二つの低気圧の影響で、日本付近は強い冬型の気圧配置に。風も非常に強く、海上は大しけになっている。

 十勝地方では、11日は湿気の少ない軽い雪が降り続いた。上空に冷たい空気が残る厳冬期の状況に、北海道付近で急速に発達した低気圧周辺の暖かい空気が流れ込み、12日未明からは湿った雪が激しく降り続いた。

画像をクリックすると拡大します。

 12日午前9時までの24時間降雪量は中札内村上札内で75センチ、芽室64センチ、大樹63センチ、帯広59センチ、帯広泉57センチなど。帯広と帯広泉は統計開始(帯広1999年、帯広泉2006年)以降、1月では過去最多となった。

 帯広の日降雪量は、11日が29センチで、12日(午前9時現在)が30センチ。最大瞬間風速は帯広と豊頃町大津で20・9メートル、広尾20・5メートル、浦幌20・1メートル、上士幌18・5メートル、本別16・0メートル、更別15・7メートルだった。

 帯広測候所によると、12日午前9時現在の気温は上札内1・8度、更別1・5度、帯広1・2度。管内の一部地域では、すでにプラスの気温を観測。12日の予想最高気温は帯広で2度などと、1月としては気温が高く推移するため、十勝管内全域には雪崩注意報も発令されている。

更新情報

グラティアスウイッシュ初戦惜敗4強、全国中学女子野球道予選会

紙面イメージ

紙面イメージ

7.3(日)の紙面

ダウンロード一括(60MB) WEBビューア新機能・操作性UP

日別記事一覧

前の月 2022年7月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

十勝の市町村

Facebookページ

記事アクセスランキング

  • 昨日
  • 週間
  • 月間

十勝毎日新聞電子版HOME