十勝毎日新聞 電子版

Tokachi Mainichi News Web

十勝ワインのヌーボの瓶詰め始まる 池田

瓶詰めされたワインの後ろからライトを当てて品質をチェックする職員(18日、塩原真撮影)

 【池田】今年産のブドウを原料にした新酒「十勝ワイン ヌーボ赤2021」の瓶詰め作業が18日、町ブドウ・ブドウ酒研究所(佐野寛所長)の製造工場で行われた。昨年の2000本より400本多い2400本を製造し、解禁日の12月1日に発売される。

 後志管内仁木町で9月中旬に収穫されたブドウ「ツバイゲルト」が原料で、同品種を単独で原料とするのは4年連続。同研究所によると、今シーズンのブドウは夏場の好天で生育が順調に進み、8月の天候不順や9月の降雨で一部に傷みが生じるも、その後は回復し、品質は全体的に平年並みという。

 瓶詰め作業では、同研究所の職員12人が機械でワインを充填(じゅうてん)し、瓶に光を当てて異物混入などをチェックした後、ラベルが貼られた瓶を1本ずつ箱詰めした。

 1本(720ミリリットル、アルコール度11・5%)1524円。道内のスーパーや量販店を中心に全国で販売される。

 同研究所製造課醸造係兼品質管理係の山岸賢三係長は「例年よりしっかりと熟したツバイゲルトで、渋みも感じられる。出来たてのワインを飲んで今年1年を振り返ってもらえれば」と話している。(小縣大輝)

関連動画

  • 十勝ワインのヌーボの瓶詰め始まる 池田

関連写真

  • 瓶詰めされたワインの後ろからライトを当てて品質をチェックする職員(18日、塩原真撮影)

    瓶詰めされたワインの後ろからライトを当てて品質をチェックする職員(18日、塩原真撮影)

  • 十勝ワインのヌーボの瓶詰め始まる 池田 3

    十勝ワインのヌーボの瓶詰め始まる 池田 3

更新情報

清水奮闘の3位でシード権獲得、インターハイアイスホッケー第3日

紙面イメージ

紙面イメージ

1.20(木)の紙面

ダウンロード一括(100MB) WEBビューア新機能・操作性UP

日別記事一覧

前の月 2022年1月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

十勝の市町村

Facebookページ

記事アクセスランキング

  • 昨日
  • 週間
  • 月間

十勝毎日新聞電子版HOME