十勝毎日新聞 電子版

Tokachi Mainichi News Web

フクハラであすから「大分フェア」4日間 姉妹都市55周年

大分フェアをPRするフクハラと大分市の関係者

 帯広市と大分市の姉妹都市締結55周年を記念した大分フェアが、9~12の4日間、スーパーのフクハラ全店で行われる。大分名物のとり天やヒラメなど25種類の物産が並ぶ。

 両市は1966年に東京への直行便が同時に就航したことを契機に「空港姉妹都市」として交流が始まり、5年ごとに相互派遣事業を行ってきた。コロナ禍で訪問ができないため、帯広市などでつくる実行委員会が物産フェアを企画し、フクハラが協力した。

 フェアは釧路、根室管内の店舗でも行われる。

 カボスを使った加工品やヒラメやブリのブロックなど海産物も用意。ぴあざフクハラ西帯広店(西23南3)では9日、大分フェアを購入した人に大分銘菓「さびえる」が当たるガラポン抽選会を行う。

 大分市の職員もPRに来帯し、大分市観光協会の工藤綾華さんは「大分の物産はどれもおいしいので、これを機に両市の関係性を知っていただきたい」と話している。(川野遼介)

更新情報

交流関係人口の創出に一定の手応え 本別の「わやカイギ」

紙面イメージ

紙面イメージ

4.21(日)の紙面

ダウンロード一括(66MB) WEBビューア新機能・操作性UP

日別記事一覧

前の月 2024年4月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

十勝の市町村

Facebookページ

記事アクセスランキング

  • 昨日
  • 週間
  • 月間

十勝毎日新聞電子版HOME