十勝毎日新聞 電子版

Tokachi Mainichi News Web

ひんやり別世界 リンク造り本格化 気温差25度 明治オーバル

25日のオープンに向け、ホースでリンクに温水をまく市文化スポーツ振興財団の職員ら(助川かおる撮影、18日午前10時50分ごろ)

 明治北海道十勝オーバル(帯広市南町南7線)で、屋内スピードスケート場のリンク造り作業が本格化している。施設を管理・運営する帯広市文化スポーツ振興財団の職員らが25日のオープンに向け準備している。リンク内の室温は約11度と、連日のうだるような暑さとは対照的にひんやりしている。

 リンク造りは1日から始まり、室内を徐々に冷やした後、1周400メートルの氷上に特殊素材の和紙でラインを引く。17日から行っている散水は約60度の温水を薄い氷の上にまく作業。1日7回、5日間行う予定で、30ミリの厚さを目標に少しずつ氷を厚くしている。18日は午前9時すぎから、同財団職員ら約10人が4つのグループに分かれてリンク上に満遍なく温水をまいた。

 9月4~5日には、同所で今シーズン初の大会「明治北海道十勝オーバルスピードスケート競技会」も予定されている。リンク整備を手掛ける同財団の後藤学主事は「ここ数年は夏でも湿度が高い日もあり、リンク造りは工夫が必要。滑る選手たちが気持ちよく利用できるよう準備を進めたい」と話していた。(本田龍之介)

関連動画

  • ひんやり別世界 リンク造り本格化 気温差25度 明治オーバル

関連写真

  • ホースでリンクに温水をまく財団職員ら(助川かおる撮影、18日午前10時50分ごろ)

    ホースでリンクに温水をまく財団職員ら(助川かおる撮影、18日午前10時50分ごろ)

更新情報

「表現力大事に」 元米新体操ナショナルコーチ篠原さん 帯広のクラブ選手を指導

紙面イメージ

紙面イメージ

7.1(金)の紙面

ダウンロード一括(95MB) WEBビューア新機能・操作性UP

日別記事一覧

前の月 2022年7月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

十勝の市町村

Facebookページ

記事アクセスランキング

  • 昨日
  • 週間
  • 月間

十勝毎日新聞電子版HOME