十勝毎日新聞 電子版

Tokachi Mainichi News Web

ミツロウが見せる柔らかな陰影の世界 佐藤直弥さん地元で初個展

 芽室町出身の芸術家佐藤直弥さん(38)=札幌市在住=が17日、帯広市内の「廊-KOHBUNDO」(西2南9、六花亭本店3階)で初個展「佐藤直弥展」を開く。国内でも数少ないミツロウを扱った彫刻作品に注目が集まる。

 佐藤さんは芽室中、帯広柏葉高、札幌大卒。東京の美術予備校で美術に関する素養を学んだ後、北海道に戻った際、養蜂の仕事に携わったときに触れたミツロウを使った彫刻作品に取り組...


●この記事は会員限定です。勝毎電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今すぐ申し込むログインして続きを読む

関連写真

  • ミツロウを使った動物の彫刻を手掛ける佐藤さん

    ミツロウを使った動物の彫刻を手掛ける佐藤さん

  • ミツロウを使った動物の彫刻を手掛ける佐藤さん

    ミツロウを使った動物の彫刻を手掛ける佐藤さん

更新情報

Rivalis全勝初V フットサル全十勝総合選手権

紙面イメージ

紙面イメージ

11.29(月)の紙面

ダウンロード一括(99MB) WEBビューア新機能・操作性UP

日別記事一覧

十勝の市町村

Facebookページ

記事アクセスランキング

  • 昨日
  • 週間
  • 月間

十勝毎日新聞電子版HOME