十勝毎日新聞 電子版

Tokachi Mainichi News Web

スイートコーンの種まき盛ん 芽室

夏場の豊作を願ってスイートコーンの種をまく生産者(芽室町上伏古。金野和彦撮影)

 【芽室】スイートコーンのは種作業が、主産地の芽室で行われている。生産者は豊作になることを願い、プランターで作業に励んでいる。

 同町上伏古の宮田克宣さん(46)は生食用スイートコーン「ゴールドラッシュ」を6ヘクタールで作付け。種まきは4月21日から行い、今月12日で終えた。

 宮田さんはJAめむろ・芽室町生食スイートコーン生産組合(95戸)の組合長。同組合では昨年は約130ヘクタールで作付けし、今年も同水準となる見通し。寒暖差の大きさが芽室産の「甘み」につながっている。

 収穫は8月上旬ごろから。宮田さんは「良い気候となり、良いものがたくさん取れてほしい」と話している。

 道農政部の2019年産まとめによると、道産スイートコーンの45%を十勝産が占めている。(中島佑斗)

関連動画

  • スイートコーンの種まき盛ん 芽室

関連写真

  • スイートコーンの種をまく生産者(芽室町上伏古で。金野和彦撮影)

    スイートコーンの種をまく生産者(芽室町上伏古で。金野和彦撮影)

  • スイートコーンの種をまく生産者(芽室町上伏古で。金野和彦撮影)

    スイートコーンの種をまく生産者(芽室町上伏古で。金野和彦撮影)

  • スイートコーンの種をまく生産者(芽室町上伏古で。金野和彦撮影)

    スイートコーンの種をまく生産者(芽室町上伏古で。金野和彦撮影)

更新情報

十勝側区域の拡張要望 日高山脈国立公園化 十勝圏活性化推進期成会

紙面イメージ

紙面イメージ

6.18(金)の紙面

ダウンロード一括(71MB) WEBビューア新機能・操作性UP

日別記事一覧

前の月 2021年6月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

十勝の市町村

Facebookページ

記事アクセスランキング

  • 昨日
  • 週間
  • 月間

十勝毎日新聞電子版HOME