十勝毎日新聞 電子版

Tokachi Mainichi News Web

森末整形外科のサクラ 早くも開花 春告げる

一足早く薄ピンク色の花を咲かせた森末整形外科医院のサクラ(19日午前10時半ごろ、塩原真撮影)

 帯広市内の森末整形外科医院(西3南5、森末克彦理事長)敷地内のエゾヤマザクラが早くも開花した。薄ピンク色の花が十数輪ほど色づき、患者や職員らの心を和ませている。

 このサクラは樹齢約50年。建物南側の白い壁のそばにある枝のつぼみが、太陽光の反射熱によって例年、帯広の開花予想日よりも早く開花する。今年は13日ごろから徐々に咲き始めた。

 青空が広がった19日は、正午までの最高気温が13.1度で開花も進んだ。森末理事長は「コロナ禍でも季節の移ろいは変わらない。今年は職員みんなが見に行って歓声を上げた。患者さんも楽しみにしていたのでうれしい」と話していた。

 日本気象協会によると、帯広の開花予想日は昨年より8日早い24日。(松田亜弓)

更新情報

7羽のマガモの子すくすく 自由ケ丘温泉

紙面イメージ

紙面イメージ

5.18(火)の紙面

ダウンロード一括(74MB) WEBビューア新機能・操作性UP

日別記事一覧

前の月 2021年5月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

十勝の市町村

Facebookページ

記事アクセスランキング

  • 昨日
  • 週間
  • 月間

十勝毎日新聞電子版HOME