十勝毎日新聞 電子版

Tokachi Mainichi News Web

顔認証も体験 高齢者対象にスーパーシティ勉強会 更別村

顔認証システムを体験する参加者

 【更別】国家戦略特区スーパーシティのエリア指定を目指す村は14日、村内の高齢者を対象にスーパーシティ勉強会を開いた。参加者は「更別村スーパーシティ構想」で行政サービスや買い物の支払いに活用するとしている「顔認証システム」を体験し、最先端技術を活用した暮らしの一端に触れた。

 同構想では75歳以上の高齢者を優先ターゲットに位置付ける。この日は高齢者世話付き住宅シルバーハウジングの入居者を対象とし、60~90代の12人が参加した。

 西山猛村長が「スーパーシティは空飛ぶ車がいきなり来るわけではなく、生活の中の困り事を解決しようというもの。お年寄りが生きがいを持ち、幸せに年を重ねられる村にしたい」と構想への思いを語った。

 スーパーシティ構想で村と連携するNECの担当者が顔認証システムについて「自分の顔が暗証番号や証明書、お財布になる」と解説。NEC本社にある顔認証決済を導入したコンビニもVTRで紹介した。大手総合建設コンサルタント長大(東京)の担当者は予約制乗り合いタクシーについて説明した。

 池田ほすえさん(81)は「顔認証は楽そうだけど、お金も持たずに買い物に行くのは慣れるのかな」と感想を述べていた。村は16日に内閣府に更別村スーパーシティ構想を申請する。(澤村真理子)

更新情報

帯緑陽代表一番乗り、6―1帯工 夏の高校野球十勝支部予選

紙面イメージ

紙面イメージ

7.2(土)の紙面

ダウンロード一括(71MB) WEBビューア新機能・操作性UP

日別記事一覧

前の月 2022年7月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

十勝の市町村

Facebookページ

記事アクセスランキング

  • 昨日
  • 週間
  • 月間

十勝毎日新聞電子版HOME