十勝毎日新聞 電子版

Tokachi Mainichi News Web

甘みたっぷり「冬眠ナガイモ」 帯広市川西で春掘り作業

手作業で丁寧に掘り出されるナガイモ(8日午前11時半ごろ、帯広市八千代。小山田竜士撮影)

 JA帯広かわにしなど管内9JAで生産する「十勝川西長いも」の春の収穫が8日、始まった。この冬は「保温材」となる雪が少なく凍害が心配されたが、出来は上々だ。

 帯広市八千代の堀徹さん(46)=帯広市川西長いも生産組合副組合長=の畑では、同日午前5時すぎから作業を開始。重機で1メートルほどの溝を掘り、家族やパートの作業員らが土の中からナガイモを丁寧に取り出した。

 十勝川西長いもは秋に収穫するが一部は土壌中に残し、翌年の春に掘り出している。春掘りナガイモは昼夜の寒暖差できめ細かい真っ白な肉質と、粘りが特長。今年は1万トン程度の収穫を予定し、2割程度は米国や台湾などにも輸出される。

 今冬の帯広市内は最も遅い積雪となり影響が心配されたが、堀さんは「凍害は『首』の辺りにある程度で、例年並みの良いナガイモに育った。多くの消費者に食べてほしい」と話していた。

 十勝川西長いもは昨年から、全量が新品種の「とかち太郎」に切り替わっている。(松岡秀宜)

関連動画

  • 「冬眠ナガイモ」 帯広市川西で春掘り作業

更新情報

根室本線存続求める会が意見交換会 新得

紙面イメージ

紙面イメージ

4.17(土)の紙面

ダウンロード一括(71MB) WEBビューア新機能・操作性UP

日別記事一覧

前の月 2021年4月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

十勝の市町村

Facebookページ

記事アクセスランキング

  • 昨日
  • 週間
  • 月間

十勝毎日新聞電子版HOME