十勝毎日新聞 電子版

Tokachi Mainichi News Web

店内手作り「大惣菜化」約80品 かしわ店リニューアル

オープン直後から多くの店内手作り弁当などが並んだ売り場(8日午前9時半ごろ、コープさっぽろかしわ店)

 コープさっぽろ(札幌市)の「かしわ店」(帯広市東7南15、太田文彰店長)で8日、生鮮食材などを使った店内調理強化事業「大惣菜化プロジェクト」の売り場が新たにオープンした。9日にはさつない店(幕別町札内豊町43、青木雅弘店長)にも開設される。

 同事業は農産・畜産・水産・デリカの各部門で仕入れた食材を使い総菜を開発、店内で調理して売り場に展開するもので、同社が2020年から全道的に新設を進めている。

 十勝管内では同年10月、ベルデ店で導入。今回の2店は3月22日から総菜売り場を縮小し、営業しながら改装工事を進めた。事業費は非公表。

 かしわ店では入り口前に「大惣菜化-」の売り場をまとめて新設。「魚屋の脂ののった焼き鮭!弁当」(495円)や、「魚屋の-」のミニ版(387円)、お豆腐サラダ(171円)など約80品を展開。開店直後から多くの人が手に取っていた。

 コープさっぽろによると、ベルデは導入後、総菜の売り上げが5~10%増で推移。阿部祐次・帯広日高地区本部長は「コロナの巣ごもり需要も1年が経過し、前年実績を超えるのが難しくなっている中、大惣菜化を来店者増の起爆剤にしたい」と話す。(佐藤いづみ)

関連写真

  • 店内手作り「大惣菜化」約80品 かしわ店リニューアル 2

    店内手作り「大惣菜化」約80品 かしわ店リニューアル 2

  • オープン直後から売り場には多くの店内手作り弁当などが並んだ売り場(8日午前9時半ごろ)

    オープン直後から売り場には多くの店内手作り弁当などが並んだ売り場(8日午前9時半ごろ)

  • 店内手作り「大惣菜化」約80品 かしわ店リニューアル 4

    店内手作り「大惣菜化」約80品 かしわ店リニューアル 4

  • 店内手作り「大惣菜化」約80品 かしわ店リニューアル 5

    店内手作り「大惣菜化」約80品 かしわ店リニューアル 5

  • 店内手作り「大惣菜化」約80品 かしわ店リニューアル 6

    店内手作り「大惣菜化」約80品 かしわ店リニューアル 6

更新情報

根室本線存続求める会が意見交換会 新得

紙面イメージ

紙面イメージ

4.17(土)の紙面

ダウンロード一括(71MB) WEBビューア新機能・操作性UP

日別記事一覧

前の月 2021年4月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

十勝の市町村

Facebookページ

記事アクセスランキング

  • 昨日
  • 週間
  • 月間

十勝毎日新聞電子版HOME