十勝毎日新聞 電子版

Tokachi Mainichi News Web

ワクチン十勝初到着 医療従事者向け 帯広厚生病院

帯広厚生病院に運び込まれる新型コロナワクチンが入ったコンテナ(5日午前10時すぎ)

 新型コロナウイルスワクチンの医療従事者らへの優先接種で、帯広厚生病院(菊池英明院長)に5日午前、管内向け第1弾となるワクチンが到着した。米ファイザー製のワクチン4箱(3900回分)で、管内の病院にも配分され、厚生病院では来週中に接種を始める。

 道内の感染症指定医療機関81施設には同日、医療従事者用のワクチン25箱(2万4375回分)が到着。十勝管内は同病院だけで、「医薬品特殊輸送」と書かれ、零下70度以下に管理されたコンテナ4箱が届いた。トラックから降ろして院内に慎重に運び込まれ、薬剤部に置いた超低温冷凍庫(ディープフリーザー)に保管した。

 同病院では、医師や看護師ら職員のほか、清掃スタッフなど外部の委託業者も含めた約1850人を接種対象にする。希望をまとめており、来週中ごろには接種を始める計画。ワクチンはコロナ患者を受け入れる他の病院にも配分され、順次接種が始まる。

 到着を見守った菊池院長は「これまでは感染拡大を防ぐのに隔離しかなかったが、やっと“武器”が手に入った」と話した。(安田義教)

関連写真

  • 帯広厚生病院に運び込まれる新型コロナワクチンが入ったコンテナ(5日午前10時すぎ)

    帯広厚生病院に運び込まれる新型コロナワクチンが入ったコンテナ(5日午前10時すぎ)

  • 帯広厚生病院に到着した新型コロナワクチンが入ったコンテナ(5日午前10時過ぎ)

    帯広厚生病院に到着した新型コロナワクチンが入ったコンテナ(5日午前10時過ぎ)

  • 帯広厚生病院に到着したコロナワクチン

    帯広厚生病院に到着したコロナワクチン

更新情報

ガラス張り社員食堂をカフェに開放 中札内のパーペル

紙面イメージ

紙面イメージ

9.27(火)の紙面

ダウンロード一括(86MB) WEBビューア新機能・操作性UP

日別記事一覧

十勝の市町村

Facebookページ

記事アクセスランキング

  • 昨日
  • 週間
  • 月間

十勝毎日新聞電子版HOME