十勝毎日新聞 電子版

Tokachi Mainichi News Web

帯広農業高 食の安全性、国際基準の認証継続

3年目となるアジアギャップの認証を取得した帯広農業高のギャップチームのメンバー

 農産物の生産工程管理に関する認証制度「ASIAGAP(アジアギャップ)」で、帯広農業高校(二木浩志校長)が2019年に取得した、小麦や長イモ、ジャガイモ、大豆、小豆の5品目で認証が継続されるとともに、新たに枝豆でも認証を取得した。同校農産物の安全性について国際基準での「お墨付き」が与えられた形となった。有効期間は23年2月4日までの2年間。

 アジアギャップは日本発の食品安全規格で、国際基準に基づき、食の安全や環境保全に取り組む農場に与えられる認証。一般財団法人日本GAP協会(東京)が運営しており、「食品安全」「環境保全」「労働安全」「農場経営」「人権・福祉」「食品偽装対策」「食品防御」の観点から第三者機関の審査を受け、認証を取得する。

 同校では18年から認証取得に向けた取り組みを始め、農業科学科の生徒でチームをつくり、農場で作業を行う際のルール実践の徹底や見直しなどを行い、19年1月に5品目で認証を受けた。

 さらに今年度は枝豆での認証取得を目指すとともに、ギャップチームの体制も再構築。「小麦チーム」など作物ごとのチームに加え、全体の情報共有や作業進行を管理する「情報チーム」と施設の清掃や修繕などを担う「作業チーム」を設け、それぞれの役割を明確化して審査に臨んだ。

 審査は書類審査に加え、昨年11月には審査員が同校を訪れ、栽培ほ場や関連施設の審査が行われ、無事認証も取得し、同12月には1年間の取り組みを生徒に報告する会も開かれた。

 チームのチーフを務めた森谷大空(ひろたか)さん(3年)は「(アジアギャップは)自分が1年生の時に始まり、3年間やってきた取り組みで、自分の中では成功。同じくチーフの本多脩馬さん(同)は「取り組みを通してリーダーシップが得られたと思う」と、自身の成長を語るとともに、新たに活動の中心となる1、2年生にエールを送った。(大谷健人)

更新情報

元町職員が地方創生コンサル会社設立 清水

紙面イメージ

紙面イメージ

4.22(木)の紙面

ダウンロード一括(110MB) WEBビューア新機能・操作性UP

日別記事一覧

前の月 2021年4月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

十勝の市町村

Facebookページ

記事アクセスランキング

  • 昨日
  • 週間
  • 月間

十勝毎日新聞電子版HOME