十勝毎日新聞 電子版

Tokachi Mainichi News Web

十勝の冬空で今年初の飛行訓練 陸自第5旅団

悠々と流れる十勝川を眼下に飛行する「UH-1」。遠くにうっすらと日高の山並みが見える

 陸上自衛隊第5旅団(司令部帯広、広恵次郎旅団長)の第5飛行隊が12日、今年初めての飛行訓練を行い、1年間の航空安全を祈った。

 訓練には地上業務も含め隊員約50人が参加した。ヘリコプター「UH-1」3機が帯広駐屯地内の十勝飛行場を飛び立ち、帯広や芽室、鹿追などの上空を約40分間、翼をそろえて飛行した。

 窓からは大きな白い壁のようにそびえる日高山脈や、悠々と流れる十勝川の流れがくっきりと見えた。

 訓練の途中で広恵旅団長が無線で訓示し、「公私を問わず今年の目標を定め、それに向かって一日一歩、日々努力することを期待する」と述べた。

 同飛行隊は災害時の人員・物資空輸のほか、山岳遭難の救助や山火事の消火などに活躍している。隊員は年間90時間以上の飛行訓練を積むという。(高田晃太郎)

関連動画

  • 十勝の冬空で今年初の飛行訓練 陸自第5旅団

関連写真

  • 帯広市内の学校グラウンド。スケートリンクの造成が進む

    帯広市内の学校グラウンド。スケートリンクの造成が進む

  • 厳しい寒さが続き、薄い氷に覆われた札内川

    厳しい寒さが続き、薄い氷に覆われた札内川

  • 大雪山系方面を飛行する「UH―1」

    大雪山系方面を飛行する「UH―1」

  • 眼下に十勝川を見ながら飛行する「UH―1」

    眼下に十勝川を見ながら飛行する「UH―1」

  • 帯広市街地を眼下に飛行する「UH―1」

    帯広市街地を眼下に飛行する「UH―1」

  • 大雪山系をバックに飛行する「UH―1」。眼下に鹿追市街地が見える

    大雪山系をバックに飛行する「UH―1」。眼下に鹿追市街地が見える

  • 大雪山系をバックに飛行する「UH―1」

    大雪山系をバックに飛行する「UH―1」

  • 真っ白に雪化粧した鹿追市街地

    真っ白に雪化粧した鹿追市街地

  • 悠々と流れる十勝川

    悠々と流れる十勝川

更新情報

デスティネーション十勝が地域連携DMOに登録

紙面イメージ

紙面イメージ

4.16(金)の紙面

ダウンロード一括(84MB) WEBビューア新機能・操作性UP

日別記事一覧

前の月 2021年4月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

十勝の市町村

Facebookページ

記事アクセスランキング

  • 昨日
  • 週間
  • 月間

十勝毎日新聞電子版HOME