十勝毎日新聞 電子版

Tokachi Mainichi News Web

厳寒に南国たわわ 余熱ですくすく 新得のバナナ 音更のマンゴー

屋外は氷点下だがハウス内は夏のような温度。温室でたわわに実ったバナナ(金野和彦撮影)

 【新得・音更】寒に入り十勝管内も一年で最も気温の低い時期を迎えているが、新得町や音更町のビニールハウスの中ではバナナやマンゴーといった南国を代表する果樹が実を付けている。熱源は温泉熱やバイオガスプラントの余剰熱など地域資源。北国のハンデを逆手に取った発想で付加価値を高めている。

◆バイオガス 初のバナナ挑戦実る
新得の友夢牧場

 新得町上佐幌の友夢(ゆうむ)牧場(植田昌仁社長)では昨年、牧場内のビニールハウスでバナナが初めて実を付けた。約300平方メートル、3重に囲ったハウス内は18度以上に設定され、木が大きな葉を広げている。「アイスクリームバナナ」など4品種10本を植えたうち、初年は3品種の4本に花が咲き、実がなった。

 育成牛を含めると乳牛約1600頭を飼育する同牧場では、ふん尿の処理にバイオガスプラントを導入。処理過程で出る温水を活用してハウスを暖めている。バナナ栽培は、既に取り組む水耕のメロンに続く試みだ。

 木の成長や実の熟し方など、「1年目でまだ分からないことも多い」と同牧場の湯浅佳春会長(71)。一般向けに販売する予定はないが、味は良くて加工向けの用途などに期待は膨らむ。湯浅会長は「牧場の牛乳と合わせたジュースやアイスクリームの原料などに使えるかもしれない」と話している。(安田義教)

収穫が最終盤を迎えているマンゴー。今年は天候に恵まれ、例年以上の大きさに育った(小山田竜士撮影)

◆温泉 夏冬逆転マンゴー収穫
音更のノラワークスジャパン

 真冬に実がなるマンゴー「白銀の太陽」の収穫が、音更町内の農場で最終盤を迎えている。今季は実を付けてからの日照に恵まれたこともあり、甘く大きな実となった。

 ノラワークスジャパン(音更町、中川裕之代表)がハウスで栽培。夏は雪氷を利用して温度を下げ、冬は温泉熱などを利用し、ハウスの室温を36度ほどに保つ。季節を逆にして栽培することで、全国では他にない冬に収穫できるマンゴーが育つ。

 白銀の太陽ブランドのマンゴーの糖度は15度以上。10月ごろから実を結び、11月末に収穫を開始。クリスマス時期がピークで、終盤を迎えた現在は1日30個ほどを採取している。今冬の収穫量は1000個ほどとなる見込み。1個当たりの重さは平均350グラムほどで、東京都内を中心に販売。1個3万5000円で売られるものもある。

 ノラワークスジャパンの荻原侑香マネージャーは「10~12月の天候が良く、例年よりも実が大きい」と話している。同社ホームページからも注文ができる。
(中島佑斗)

関連動画

  • 厳寒に南国たわわ バイオガス 余熱ですくすく 新得のバナナ 音更のマンゴー

更新情報

根室本線存続求める会が意見交換会 新得

紙面イメージ

紙面イメージ

4.17(土)の紙面

ダウンロード一括(71MB) WEBビューア新機能・操作性UP

日別記事一覧

前の月 2021年4月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

十勝の市町村

Facebookページ

記事アクセスランキング

  • 昨日
  • 週間
  • 月間

十勝毎日新聞電子版HOME