十勝毎日新聞 電子版

Tokachi Mainichi News Web

音更 「ハピまん」あんこ味のこぶりが19日から登場

あんが入った小ぶりのハピまんをPRする赤間店長補佐

 【音更】JA木野(清都善章組合長)の子会社が運営するハピオ(音更町木野大通西7)は19日、同店のプライベートブランド(PB)「ハピまん」の関連商品で十勝産小豆を使った小ぶりの中華まんじゅうの販売を数量限定で始めた。

 商品名は「ハピまんあんここぶり」。通常のハピまんの3分の1サイズ(1個40グラム)が8個入っている。エリモ小豆を原料としたこしあんと粒あんをブレンド。こしあんからは軟らかい食感、粒あんからは豆本来の風味や舌触りを感じられる。ほんのりと甘みのある皮は十勝産小麦を使用。小豆パウダーも加わっているため、小豆色に近い見た目となっている。

 東洋食肉販売十勝事業部(帯広)で製造。1パック680円。冷凍で、300パック限定で販売する。

 ハピまんはチーズをはじめ、8月に牛タンネギ塩が登場。同店の赤間宏店長補佐は「今回は試験販売になるが、売れ行き次第でJA木野産の小豆に絞って増産販売することも検討したい」と話す。(小縣大輝)

関連写真

  • あんが入った小ぶりのハピまんをPRする赤間店長補佐

    あんが入った小ぶりのハピまんをPRする赤間店長補佐

更新情報

医療の仕事を学ぶ 歯科医や看護師、作業療法士が語る 音更

紙面イメージ

紙面イメージ

11.28(月)の紙面

ダウンロード一括(100MB) WEBビューア新機能・操作性UP

日別記事一覧

十勝の市町村

Facebookページ

記事アクセスランキング

  • 昨日
  • 週間
  • 月間

十勝毎日新聞電子版HOME