十勝毎日新聞 電子版

Tokachi Mainichi News Web

真っ赤なラズベリービール今年もお目見え 帯広ビール

「フランボワーズ」を手にする(右から)十河さん、中村さん、鴇崎さん

 地ビール製造の帯広ビール(帯広、平林英明社長)は今年も十勝産ラズベリーをぜいたくに使った期間限定ビール「フランボワーズ」を発売した。真っ赤な色と華やかな香りが特徴だ。

 「フランボワーズ」はフランス語で木イチゴの意味。7年前からクリスマスに合わせて造り、帯広市岩内町の農場「ときいろファーム」(鴇崎伊吹代表)のラズベリーを約1カ月間漬け込み360リットルを製造した。

 ラズベリーは「フルーツビールの女王」と呼ばれるほどビールとの相性がいいとされる。果実の甘さとビールの苦みのバランスがよく、飲みやすいので女性を中心に人気だ。

 鴇崎さんは「今年は天候に恵まれ、ラズベリーは過去最高の収量だった」と話し、帯広ビールの醸造エンジニア十河文英さん(49)は「季節の風物詩として真っ赤なビールを楽しんでもらえたら」と期待する。

 市内のビアカフェ「米風」(大通南12、中村晃代表)で販売し、売り切れ次第終了。300ミリリットル750円、600ミリリットル1300円(税別)。営業時間は午後6時~翌午前1時。日曜定休。(高田晃太郎)

更新情報

然別湖畔でテントサウナ 鹿追のホテル風水

紙面イメージ

紙面イメージ

10.27(水)の紙面

ダウンロード一括(71MB) WEBビューア新機能・操作性UP

日別記事一覧

十勝の市町村

Facebookページ

記事アクセスランキング

  • 昨日
  • 週間
  • 月間

十勝毎日新聞電子版HOME