十勝毎日新聞 電子版

Tokachi Mainichi News Web

交通事故根絶願いひまわり移植 池田署

花壇にヒマワリの苗を植える署員ら

 【池田】池田署(榊恭彦署長)は17日、プランターで育てたヒマワリの苗を同署前の花壇に移植した。

 同署は死亡交通事故根絶を願う京都府警発の全国運動「ひまわりの絆プロジェクト」に今年初めて参加。新得署から種を譲り受け、5月8日に花壇とプランターに種をまき育ててきた。

 この日は、池田署と池田地区交通安全協会のメンバーら約20人が交通事故防止の願いを込め、成長した約80株のヒマワリの苗を花壇へ植え替えた。

 榊署長は「交通安全を呼び掛けるとともに地域の皆さんにも見てもらいたい」と話した。今後は、署員が花壇の手入れを行い、咲いたヒマワリから採種し来年の活動へとつなげていく。同署では、新得署から提供を受けたヒマワリの種を来署者に無料配布している。(水上由美通信員)

関連写真

  • 花壇にひまわりの苗を移植する署員ら

    花壇にひまわりの苗を移植する署員ら

  • 花壇にひまわりの苗を移植する署員ら

    花壇にひまわりの苗を移植する署員ら

更新情報

初代「アユミちゃん」が復活 足寄町のシンボルキャラ

紙面イメージ

紙面イメージ

4.20(火)の紙面

ダウンロード一括(79MB) WEBビューア新機能・操作性UP

日別記事一覧

前の月 2021年4月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

十勝の市町村

Facebookページ

記事アクセスランキング

  • 昨日
  • 週間
  • 月間

十勝毎日新聞電子版HOME