十勝毎日新聞 電子版

Tokachi Mainichi News Web

中心部のスケートリンクがオープン 帯広駅北多目的広場

オープンした街中のリンクで滑走を楽しむ子どもたち(金野和彦撮影)

 「TOKACHI ICE PARK プロジェクト」(実行委主催)による帯広市内中心部のスケートリンクが22日午後1時、駅北多目的広場(西2南11)にオープンした。初日は晴天に恵まれ、氷上を伸び伸びと滑る子どもたちでにぎわった。

 この日は音更広陽稲田アイスホッケー少年団によるパス回しや地元の子どもたちの滑走などが披露された後、一般開放。家族と訪れた帯広小1年の浜崎航太君(7)は「外で滑るのは楽しい。もっとスケートがうまくなりたい」と笑顔を見せた。

 リンク周辺には川西小と啓北小の児童が作った紙袋・紙コップランタンが飾られた。午後4時に点灯式を行い、ろうそくの火が会場を温かく照らした。市内の「Cafe W」がピザなどを販売。クリスマスソングが会場に流れ、雰囲気を盛り上げた。

 谷保明洋実行委員長は「今年は気温が高めでリンク設営が難しかった。子どもたちに楽しんでもらえてよかった」と話した。

 同プロジェクトは今年1、2月に旧北洋銀行帯広ビル跡地にリンクを造成して開場し、今回は場所を移した。リンクは来年2月末まで開放する予定。平日は午後1時~同8時、土・日・祝日は午前10時~午後8時。31日~来年1月2日は休み。入場無料。スケート靴レンタルは1回500円。(長谷川正人)

関連動画

  • 中心部のスケートリンクがオープン 帯広

関連写真

  • 歓声を上げて滑走する子どもたち(金野和彦撮影)

    歓声を上げて滑走する子どもたち(金野和彦撮影)

  • 歓声を上げて滑走する子どもたち(金野和彦撮影)

    歓声を上げて滑走する子どもたち(金野和彦撮影)

  • 歓声を上げて滑走する子どもたち(金野和彦撮影)

    歓声を上げて滑走する子どもたち(金野和彦撮影)

  • 歓声を上げて滑走する子どもたち(金野和彦撮影)

    歓声を上げて滑走する子どもたち(金野和彦撮影)

  • 歓声を上げて滑走する子どもたち(金野和彦撮影)

    歓声を上げて滑走する子どもたち(金野和彦撮影)

  • 歓声を上げて滑走する子どもたち(金野和彦撮影)

    歓声を上げて滑走する子どもたち(金野和彦撮影)

  • 歓声を上げて滑走する子どもたち(金野和彦撮影)

    歓声を上げて滑走する子どもたち(金野和彦撮影)

  • ろうそくの明かりで照らされたリンク

    ろうそくの明かりで照らされたリンク

  • 会場内にオープンはドリンクやフードの販売テントも登場

    会場内にオープンはドリンクやフードの販売テントも登場

  • 小学生らがつくった紙袋ランタン

    小学生らがつくった紙袋ランタン

更新情報

鉄道遺構群の6カ所に案内看板設置 新得

紙面イメージ

紙面イメージ

9.22(水)の紙面

ダウンロード一括(130MB) WEBビューア新機能・操作性UP

日別記事一覧

前の月 2021年9月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

十勝の市町村

Facebookページ

記事アクセスランキング

  • 昨日
  • 週間
  • 月間

十勝毎日新聞電子版HOME