十勝毎日新聞 電子版

Tokachi Mainichi News Web

軌道投入機開発進む インターステラが燃焼試験 大樹

 【大樹】町内でロケット開発を行うインターステラテクノロジズ(IST)=本社大樹町、稲川貴大社長=が、人工衛星を軌道に投入するロケットの開発を進めている。町浜大樹の実験場で、エンジンのパワー増強に必要な「ターボポンプ」の動力となるガス発生装置の燃焼試験を行っている。

 ガス発生装置の仕組みは小型のロケットエンジンと同様で、燃焼室内の圧力は7月に打ち上げた観測ロケット「MOMO(モ...


●この記事は会員限定です。勝毎電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今すぐ申し込むログインして続きを読む

関連写真

  • 実験で燃焼ガスを勢いよく噴出するガス発生装置(9日)

    実験で燃焼ガスを勢いよく噴出するガス発生装置(9日)

更新情報

大阪から移住の倉嶋さんが整骨院開業へ 上士幌

紙面イメージ

紙面イメージ

9.22(水)の紙面

ダウンロード一括(130MB) WEBビューア新機能・操作性UP

日別記事一覧

前の月 2021年9月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

十勝の市町村

Facebookページ

記事アクセスランキング

  • 昨日
  • 週間
  • 月間

十勝毎日新聞電子版HOME