十勝毎日新聞 電子版

Tokachi Mainichi News Web

ゴシップ「森の里小でダスキンが教室」

 森の里小学校(近藤孝志校長、児童271人)で10日、ダスキン(本社大阪府吹田市)による出前授業「キレイのタネまき教室」が開かれ、1・2年生63人が掃除のイロハを学んだ。

 十勝では初めての開催。同社お掃除教育研究所の山根健悟さんらが講師を務め、掃除をする意味について「気持ち良く過ごすため」「物を長く使うため」「元気に過ごすため」と説明した。ほうきやちり取り、雑巾の正しい使い方も...


●この記事は会員限定です。勝毎電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今すぐ申し込むログインして続きを読む

関連写真

  • ほうきとちり取りの使い方を学ぶ子供たち

    ほうきとちり取りの使い方を学ぶ子供たち

  • 雑巾の絞り方を学ぶ子供たち

    雑巾の絞り方を学ぶ子供たち

更新情報

新得の加地さん、最高位の名人に 全国そば打ち大会

紙面イメージ

紙面イメージ

12.9(金)の紙面

ダウンロード一括(107MB) WEBビューア新機能・操作性UP

日別記事一覧

前の月 2022年12月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

十勝の市町村

Facebookページ

記事アクセスランキング

  • 昨日
  • 週間
  • 月間

十勝毎日新聞電子版HOME