十勝毎日新聞 電子版

Tokachi Mainichi News Web

職域接種、共同会場で 5千人規模で7月視野 帯商

 帯広商工会議所(川田章博会頭)が、新型コロナウイルスの感染リスクが高く、コロナ禍の影響が深刻な交通や宿泊、飲食の業界を中心にワクチンの職域接種を行う方針を固めたことが18日に分かった。帯商が共同会場の設置を計画しており、規模は約5000人を見込む。7月中の開始に向け、市医師会などと連携しながら準備している。

 現時点の計画によると、会場は帯広経済センタービル内を想定し、まずはタ...


●この記事は会員限定です。勝毎電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今すぐ申し込むログインして続きを読む

更新情報

バスケ松田鋼季「がんがん攻めたい」米国プロバスケ独立リーグで長年活躍

紙面イメージ

紙面イメージ

9.27(月)の紙面

ダウンロード一括(97MB) WEBビューア新機能・操作性UP

日別記事一覧

十勝の市町村

Facebookページ

記事アクセスランキング

  • 昨日
  • 週間
  • 月間

十勝毎日新聞電子版HOME