十勝毎日新聞 電子版

Tokachi Mainichi News Web

上士幌で36年 カフェ「フォーシーズン」 「安くいっぱい」思いメガ盛り

開店当時からこのボリュームで来店客のおなかを満たしてきた「オムライス・大」

 【上士幌】地域住民らから長年愛されてきた上士幌町のカフェ「フォーシーズン」(上士幌東3線)の名物といえば、4合もの白米を使った「オムライス・大」(1260円)。新聞やテレビなどで取り上げられたこともある名物メニューの誕生秘話を探った。

米4合、重さ2キロ
 直径約18センチ、高さ約8センチ-。薄焼きの卵の下には、たっぷりの野菜と鶏肉が入ったケチャップライスが隠れている。1985(昭和60)年のオープン時からのメニューで、ママの高橋恵子さん(61)は「当時は若い人が多く、あえて『メガ盛り』を作ったわけではなく、安くいっぱい食べてほしいという思いだった」と振り返る。

 店の名前「フォーシーズン(四季)」は高橋さんが開店前に働いていた町内の飲食店の客が「一年中、はやるように」との思いを込めて名付けた。農家、役場職員、病院関係者…当時は若者が多く、店はにぎわった。安さと量の多さが売りの一つで、「お金がない時のフォーシーズン」とも呼ばれた。

オムライス・大を調理する一夫さん

 材料はタマネギ1個、ピーマン2個に鶏胸肉1枚、Lサイズ卵5個、白米4合。総重量は約2キロ。マスターで夫の一夫さん(75)は「目分量だからもっと多いかも」。あまりの多さに「多過ぎるよ」という声も。客の意見を取り入れ「小」「中」サイズを作ったが、それも「他店と比べると多め」と笑う。

 家族で取り分ける客も多いが、1人で平らげる猛者も少なくない。帯広シティーケーブル(OCTV)の放送をきっかけにメディアに取り上げられ、人気番組「何コレ珍百景」にも登場し、徐々に「メガ盛り」メニューとして名前が広がった。

もえあず6分で完食
 テレビ番組の収録では大食いタレントのアンジェラ佐藤さんが挑戦、完食した。しかし、収録ミスでもう一つ食べることになり、もう半分を食べたという。「全部食べられるけど、次の取材があるから」と笑い、「お米をたくさん食べたら水を飲んでね」と話していたことが印象に残っていると高橋さん。

 番組収録で来店した大食いタレントでアイドルのもえのあずきさんは6分で完食し、店内で踊りや歌のパフォーマンスを披露したことも。芸能人以外では9分で食べた男性が最速だ。

 常連客の間でもオムライスは人気メニュー。蛯名稜子さん(28)=音更町=は「安くておいしい。3年程前から通っています」、同じ会社の池田多佳子さん(67)=士幌町=は「30年くらい前から来ている。ママの面倒見の良さや人柄が大好き」と笑顔を見せる。

 「オムライス・大」は作るのが大変で多く出るほど赤字になるため、現在は1日2食のみ受け付ける。

 新型コロナウイルスの影響による苦労もあるが、高橋さんは「コロナ禍でも安心して来ていただけるよう頑張りたい。あと5年は続けられたら」と話している。(松田亜弓)

関連動画

  • 上士幌で36年 カフェ「フォーシーズン」

更新情報

Rivalis全勝初V フットサル全十勝総合選手権

紙面イメージ

紙面イメージ

11.29(月)の紙面

ダウンロード一括(99MB) WEBビューア新機能・操作性UP

日別記事一覧

十勝の市町村

Facebookページ

記事アクセスランキング

  • 昨日
  • 週間
  • 月間

十勝毎日新聞電子版HOME