十勝毎日新聞 電子版

Tokachi Mainichi News Web

豊頃と浦幌が被害漁業者に支援金支給へ

 【豊頃・浦幌】大津漁協(中村純也組合長)の定置網漁で水揚げされた秋サケの大量死を受け、豊頃・浦幌の両町が大津漁協を通じて漁業者に支援金を支給することが15日までに分かった。浦幌は28日、豊頃は11月4日に臨時会を開き、関連予算案を提出する見通し。

 豊頃町の大津漁港と浦幌町の厚内漁港で水揚げされる計11カ統分の秋サケ定置網漁は、9月22日から被害が確認され、現在は減少傾向にある...


●この記事は会員限定です。勝毎電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今すぐ申し込むログインして続きを読む

更新情報

帯緑陽代表一番乗り、6―1帯工 夏の高校野球十勝支部予選

紙面イメージ

紙面イメージ

7.2(土)の紙面

ダウンロード一括(71MB) WEBビューア新機能・操作性UP

日別記事一覧

前の月 2022年7月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

十勝の市町村

Facebookページ

記事アクセスランキング

  • 昨日
  • 週間
  • 月間

十勝毎日新聞電子版HOME