十勝毎日新聞 電子版

Tokachi Mainichi News Web

大樹でスペースポート研究会立ち上げへ

 【大樹】NPO法人北海道宇宙科学技術創成センター(HASTIC、伊藤献一理事長・札幌)と大樹町が、「スペースポート研究会」の立ち上げに向けて動き出している。「北海道スペースポート計画」の実現に特化して中央に要望する組織。“オール北海道”で夢の実現を目指そうと行政、関係団体、企業、大学などと調整を進めている。発足は来年5月を予定。

 関係者によると、近年「大樹にロケットの射場を」と唱える専門家が増加。HASTICや町が参加した全国各地の展示会でもスペースポートに対する期待感は年々大きくなっているという。「計画の実現に向けて機運が高まっている」(町企画課)ことから、地域一丸となって取り組もうとしている。

 HASTICと町は、11月に準備会を札幌市内で4回開催。道と十勝の自治体、経済界、教育機関、女性団体などが連携し管内での航空宇宙産業基地の実現を目指す「十勝圏航空宇宙基地構想研究会」(会長・米沢則寿帯広市長)がオブザーバーとして参加した。今後も企業、大学などに参加を働き掛けていく。

 伊藤理事長は「内閣府は現在、宇宙基本計画(2013~17年度)を策定している。スペースポート計画がスムーズに推進できるような計画を検討するよう要望を続けたい」と話している。(関根弘貴)


北海道スペースポート計画

 大樹町多目的航空公園を次世代航空宇宙実験場「北海道航空宇宙多目的飛行センター」として拡充する計画。HASTICが03年に提唱した。スペースポートとは宇宙と地球を自由に行き来する港で、次世代航空機や宇宙機を開発するための滑走路延長、ロケットを打ち上げる射場の建設などを盛り込んでいる。

更新情報

糠平温泉ホテルがリニューアルオープン 上士幌

紙面イメージ

紙面イメージ

12.8(水)の紙面

ダウンロード一括(79MB) WEBビューア新機能・操作性UP

日別記事一覧

前の月 2021年12月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

十勝の市町村

Facebookページ

記事アクセスランキング

  • 昨日
  • 週間
  • 月間

十勝毎日新聞電子版HOME